医療上の必要性と選り好み

医療上の必要性と選り好み

 大型連休明けから、政府・与党全体で「骨太の方針2024」策定に向けた議論がスタートするのを前に、医療・医薬品関係の団体から自民党へのロビー活動が活発化している。長期収載品の選定療養や、薬価の毎年改定(中間年改定)などへの懸念が特に強い。 【本根優】

 そうした団体の1つが主にパップ剤やテープ剤を扱うメーカーでつくる「外用製剤協議会」(会長=藤岡美佐子・帝國製薬社長)だ。

 自民党の「日本が誇る医療用外用貼付剤の推進に関する議員連盟」(会長=衛藤晟一参院議員)は4月25日、外用協から意見を聴取した。

 同協議会は、提出した資料で、医療上必要な製剤の安定供給や、外用貼付剤のイノベーション推進のため、中間年改定による薬価切り下げはやめるべきと訴えた。

 長期収載品の選定療養にも言及。医師や薬剤師が「医療上の必要がある」と判断すれば、長期収載品を使用しても患者は追加負担を免れるが、外用協は貼付剤の“はがれにくさ”も医療上の必要性に該当すると指摘。単なる患者の「選り好み」と切り分けつつ、そうした考えを医療現場に周知する必要があると強調した。

 外用協として「本来、患者が負担しなくてもよいはずの負担が、新たに生じることのないよう担保する必要がある」と主張した、

 議連の出席者によると議論では「中間年改定の廃止を望むべき」といった意見のほか、長期収載品の選定療養では「医療上の必要性などについて、現場に明確に周知すべき」との意見が出たという。

 骨太に向けて「近年の過度な薬価引き下げでは企業の体力を蝕んでいる」ことや、賃上げ・物価高への対応と「相容れない存在が中間年改定」などの認識から、議論として提言をまとめることを検討しているという。
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日比谷公園のはにわ_2021年3月20日

    政争の具「こども庁」

  2. 箱崎町船着場_2022年10月4日

    後藤氏の台頭

  3. 財務省前_2023年7月21日

    財務省VS日医

  4. 霞が関1丁目_2023年5月10日

    大幅引き上げ

  5. 深夜の日本看護協会_2022年3月31日

    地域包括ケアシステムの主役の座

  6. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

  7. 伊達政宗終焉の地_日比谷公園_2021年10月5日

    落選した自民・厚労関係議員

  8. 皇居前広場の車両止め_2023年8月24日(医療保険部会の帰り)

    「形だけの」消費税提案

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP