PICK UP

高齢者が交流するサロンで要介護者が半減? 「あまりにも無責任」の声も

2019年6月12日の医療保険部会_会議風景

 「高齢者が交流を持つ『コミュニティ・サロン』をまちに設置すると、要介護認定率が半減する可能性がある」「『憩いのサロン』参加で認知症リスク 3割減」とのデータに対し、日本医師会の副会長がかみついた。6月12日に開かれた厚生労働省の会議で、「あまりにも無責任。3割は(サロンに)行くとみんな治ってしまうイメージを植え付けたいのだろう」とボコボコに叩いた上で、「こんなものを出されたら、すべての資料の信用性を失う。決定的な証拠があるのか」と厚労省の担当者に迫った。【新井裕充】

 厚労省の担当者は、「これは内閣府の『未来投資会議』で出されている資料」と矛先をかわした上で、「先生ご指摘のように比較ができるようなことをきちっとやって、エビデンスが出たものを政策につなげていく。それはまさにこれから今まで以上に強力に進めていこうと思っている」と説明し、その場を収めた。

 問題となった資料は、政府の「成長戦略実行計画案」の35ページ。「介護予防」に関する記載の中で、「サロン(通いの場)に参加した高齢者は、①要介護認定率が半減、②認知症発症リスクが3割減との調査結果がある」とし、「図50」を示した。

資料「2-3」(成長戦略実行計画案)20190612医療保険部会_35ページ

.

 資料末尾の45ページには出典が示されており、ここには「高齢者が交流を持つ『コミュニティ・サロン』をまちに設置すると、要介護認定率が半減する可能性がある」「『憩いのサロン』参加で認知症リスク 3割減」と書いてある。
.

成長戦略実行計画案_20190612医療保険部会資料_45ページ
.

「すべての資料の信用性を失うので、これはやめないか」

 「成長戦略実行計画案」は、6月5日の未来投資会議(議長=安倍晋三首相)の第28回会合で示された。首相官邸のホームページによると、安倍晋三首相は同会議の締めくくり発言で「生活習慣病などの疾病予防や介護予防を強化するため交付金制度の抜本的強化を図ります」と述べ、介護予防に力を入れる姿勢を見せた。厚労省は介護予防を進めるために、「通いの場」などの拡充を目指している。

 こうしたなか、6月12日に開かれた社会保障審議会(社保審)の医療保険部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)では、骨太方針2019の原案などと共に、「成長戦略実行計画案」の概要が報告された。

 介護予防に関する説明はなかったが、質疑で日本医師会の松原謙二副会長が「ただのポンチ絵」とつぶやくと、委員の間から笑いがこぼれた。松原副会長は「あまりにも無責任じゃないか。すべての資料の信用性を失うので、これはやめないか」と削除を求めた。
.
  この問題に関する質疑の模様は、次ページを参照

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 20190612医療保険部会

    「妊娠したら医療費を無料に」 妊婦加算が社保審で初めて議論に

  2. 厚生労働省保険局_2019年6月12日の医療保険部会

    マイナンバーカードの保険証利用に暗雲、関係者は後ろ向き

  3. 遠藤久夫部会長(国立社会保障・人口問題研究所所長)_2019年6月12日の医療保険部会

    診療報酬改定、「玉虫色で解釈がバラバラ」

  4. 20190927医療保険部会

    政府の社会保障検討会議、「まだよく分からない」と厚労省課長 ── 9月27日の医療保険部会

  5. 武久洋三参考人(日本慢性期医療協会会長)[20190927医療保険部会]

    「次期改定は2022年を見据えた改定」に異議あり ── 9月27日の社保審・医療保険部会

最近の記事

  1. 田辺国昭会長(東大大学院法学政治学研究科教授)_20191018中医協
  2. 20191016_中医協・入院分科会
  3. 20191009保険医療材料専門部会
  4. 20191009薬価専門部会
  5. 日本医師会_20191009中医協総会
  6. 20191003_中医協入院分科会
  7. 20190927医療保険部会
PAGE TOP