PICK UP

骨太原案、「厚労省を越えて、財務省がますます厳しく設定した」 全自病の小熊会長

20190620_全国自治体病院協議会会見

 全国自治体病院協議会(全自病)の小熊豊会長は6月20日の記者会見で、骨太方針2019原案に対する見解を示した。小熊会長は「いよいよ厚労省を越えて、財務省や内閣府といったところが、ますます今後の在り方というものについて厳しく設定したなというような印象」と述べた。【新井裕充】

 原案では、公立・公的病院の機能を「民間医療機関では担えない機能」に重点化することを求めている。小熊会長は「公立・公的(病院)は全病院の2割にすぎない。残りの8割がプランを全く出していない」と指摘し、「そういう状況で2割だけを対象に地域全体の医療の在り方を検討するのは正しいのだろうか」と不公平感をあらわにした。

20190620_全国自治体病院協議会会見3

 竹中賢治副会長(福岡市立病院機構理事長)は「重点化」と「限定」との違いを強調。「重点化はやぶさかではないが、限定した場合には、診療機能が全体的に網羅できないので経営できない」とし、「われわれは断固反対していく」と語気を強めた。

この日の会見の模様は、次ページを参照 .

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 小熊豊会長_全自病会見_20190710

    「公と民を煽るような考え方が出ている」 会見で全自病の小熊会長

最近の記事

  1. 田辺国昭会長(東大大学院法学政治学研究科教授)_20191018中医協
  2. 20191016_中医協・入院分科会
  3. 20191009保険医療材料専門部会
  4. 20191009薬価専門部会
  5. 日本医師会_20191009中医協総会
  6. 20191003_中医協入院分科会
  7. 20190927医療保険部会
PAGE TOP