コンテンツへスキップ


はじめまして。新井裕充と申します。
厚生労働省の審議会を中心に取材をしています。フリーランスの記者です。
私の経歴を簡単にご紹介させてください。

20代から30代 (1990~2005)

地方紙の記者から、中小病院の広報業務に

 私は20代の時に、地方紙の記者(社会部)を辞めたあと、職を転々としてしまいました。
 30代半ばの2002年、知人の紹介で中小病院の広報業務などに携わることになり、これが医療分野との出会いとなりました。

コラムイメージ01

30代半ばから40代 (2005~09)

医療系雑誌から、ネットメディアへ

 当時、「聖域なき構造改革」を掲げる小泉政権の下で史上最大のマイナス3.16%改定があり、7対1入院基本料が導入されるなど大激変の時代でした。この分野をじっくり取材したいと思いました。
 そこで医療系雑誌の編集部に転職し、その後、インターネットの医療メディアなどで記事を書かせていただきました。

コラムイメージ02
2009年12月4日、東京・九段会館前の行列

40代半ばまで (2009~12)

「行列のできる審議会~中医協の真実」を執筆

 そうしたなかで、「中医協」という不思議な空間に関心を持ちました。世間の常識とは、かなり遠くかけ離れているように感じたからです。
 2009年、政権交代で中医協の議論も揺れました。2010年10月、その模様を「行列のできる審議会~中医協の真実」という本に書かせていただきました。

40代半ばから50代 (2012~19)

「日慢協BLOG」の制作を機に独立

 2012年、日本慢性期医療協会様の公式ブログ「日慢協BLOG」の制作から管理、原稿執筆などを担当するチャンスを頂き、よちよち歩きで独立しました。
 2013年4月、税理士や会計士の団体である「MMPG(メディカル・マネジメント・プランニング・グループ」様が週2回発行する医療ニュース「メディカルウェーブ」の制作・発行業務を受託し、2019年3月末まで6年間にわたり担当しました。

日慢協の記者会見

2013年からの6年間、中医協など厚労省の審議会を以前と同様に取材してまいりましたが、上記媒体は会員限定です。このため、広く一般の皆さまにお伝えする機会が減っていました。
2019年6月、本サイトを立ち上げ、再びインターネットの世界に戻ってまいりました。
まだまだ勉強の連続で未熟ではございますが、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

「中医協通信」発行のお知らせ

2019年7月30日
約4時間という長丁場になった6月26日の中医協をまとめました。委員の発言はWEBにリンクする形にしています。

ダウンロード

ダウンロードはこちら