「中川報道」余波

東京駅前_2020年12月17日

 新型コロナウイルス対策で、政府に手厳しい発信を続け、存在感を示してきた日本医師会の中川俊男会長が、一気に「国民総スカン」状態に陥った。【本根優】

 「大変だ。文春が乗り込んで来た」(日医関係者)

 医療界ではピラミッドの頂点に君臨する日医。厚生労働省には常に強気でも、「文春砲」にはおののいた。

 『週刊文春』は5月11日夕、電子版に中川氏に関する記事を掲載した。

 まん延防止等重点措置が適用されていた東京都内で4月20日、日本医師連盟(中川委員長)が支援する自見英子参院議員の政治資金パーティーが開かれ、その場に中川氏以下、医師会幹部らが揃って出席していたといった内容だ。

 千代田区平河町の「都市センターホテル」で100人規模で開催された。

 自見氏の後援会長を務め、パーティー開催を決断した中川氏は、5月12日の記者会見で「感染防止対策は徹底したが、慎重に判断すべきだった」と陳謝。その上で「これまで以上に責務を果たしていく」と述べ、会長辞任についてはきっぱり否定した。

 自見氏絡みで中川氏が窮地に立たされるのは2度目だ。昨年には自見氏と橋本岳衆院議員の「不倫疑惑」が同じ文春で報じられ、22年度の次期参院選組織内候補決定を一時「中川氏預かり」としたことがある。ほとぼりが冷めてから、自見氏で正式決定していた。

 前回は中川氏にとって “もらい事故” だったが、今回は中川氏自身が開催の可否を判断できる立場だっただけに、世間の矛先は直接、中川氏に向いている。

 一方で、国会関係者によれば「文春が関心を示していたのは、パーティー出席の件だけではない」という。「中川日医」に関する別の角度からのネガティブな情報についても、記事化の可能性が探られていたという。もし、「第2弾」が同様のインパクトで直撃すれば、橋下徹氏や坂上忍氏が求めるような「トップ交代」ともなりかねない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日比谷公園の噴水_2020年10月25日

    「医務技監」降板説!?

  2. 今井町の街並み

    診療報酬は「1点11円」に(奈良だけ!?)

  3. 日本銀行前の江戸桜通り_20200911

    菅氏とのパイプ

  4. 自民党前_2021年6月25日2

    自民総裁選

  5. 日比谷公園前_2022年8月9日

    次の厚労部会長は?

  6. 国会前の並木道_2021年12月9日

    岸田首相の判断は!?

  7. 大手門_2020年9月18日

    メタボ目標への批判

  8. 日銀通り_2021年3月26日

    コロナ専用病床へのバラマキ政策

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第528回中医協総会(2022年9月14日)【速記録】

第528回中医協総会(2022年9月14日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP