厚労相が「いない」

人事院前_202年7月12日(中医協の帰り)

 岸田文雄首相は近く内閣改造・党役員人事に踏み切る。自民党関係者は「首相の外交日程を考慮すると9月上旬頃が最も現実的だろう」と語る。毎回のように懸案となる「厚生労働相」ポストを、岸田首相は誰に託すのか。【本根優】

 「さすがにもうどちらもないのではないか」

 そう語るのは厚労省幹部だ。現任の加藤勝信氏は厚労相を3回務めた。そして、自民党厚労族のボス格に位置づけられる田村憲久氏も2回務めている。質は三流と言われながらも、予算や国民的関心のうえでは「巨大官庁」である厚労省を舵取りできる人材は少ない。

 これまでは時の首相が「困った時の加藤氏、田村氏」でなんとかしのいできた。前述の厚労省幹部の見立てでは、両者ともに「政治家として次のステージに行きたがっている」というのだ。茂木派内での権力争いで茂木敏光幹事長に大幅に先行される加藤氏。将来、首相を目指すうえでは外相、財務相または経済産業相といった重要閣僚の経験を得たい希望があるという。

 一方の田村氏。医療、介護から年金、福祉まで厚労のスペシャリストであり、党社会保障制度会長を務める。しかし、田村氏周辺によれば「本人は厚労の専門家で終わる気はない。ライフワークとして取り組むにしても、他の重要分野に踏み出したい希望を持っている。総務や農林などにも思い入れがある」という。

 となると、次の厚労相を誰が務めるのか。閣僚人事で最も注目されるのが、何かとお騒がせの河野太郎デジタル担当相の処遇。そして、厚労省はマイナンバーカードに大きくかかわる役所でもある。

 自民党閣僚経験幹部は「岸田派から“目玉”として出すなら上川陽子氏くらいだろう」と予想する。

 一方で、中堅からの起用であれば、厚労分野の経験から考えると、橋本岳氏または福岡資麿氏あたりが経験を積んできている。

 ただ厚労関係議員の古参秘書は「岸田さんは、国民の関心が高いうえ、火種だらけの厚労省を大臣未経験者に預けることはしないだろう」と見る。

 誰も引き受け手がいない場合には「加藤氏続投」となるのだろうか。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2023年8月24日

    診療報酬本体「0.88%増」

  2. 桜田門_2021年7月29日

    令和臨調の「かかりつけ医機能」

  3. 国会図書館から見える国会_2021年11月25日

    安倍氏の存在感

  4. 国会前_2021年12月9日

    薬機法改正

  5. 日比谷公園_2020年11月11日

    献金減で“抗議”

  6. 2020年8月、皇居前にて

    お騒がせ自見氏の去就は!?

  7. 羽生田氏から釜萢氏へ

    羽生田氏から釜萢氏へ

  8. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP