檄文の違い

日本橋三越前_2022年6月27日

 日本医師会長の座は、中川俊男氏から松本吉郎氏に移っているが、政治団体の「日本医師連盟」のほうは、中川氏がトップの委員長のままで参院選を終える。松本氏は今後、開かれる日医連執行委員会で委員長に就任する見通しだ。【本根優】

 都道府県医師連盟に送付した、それぞれの「檄文」をみると、それぞれの課題認識、政治姿勢さらには人柄までもが滲み出る。

 公示の6月22日、中川氏は檄文で、今回の参院選は「候補者個人の戦いではなく、医師会組織が試される戦い」などと記した。

 さらに、24年度の診療報酬、介護報酬、障害福祉サービス等報酬のトリプル改定までの参院選は「今回のみ」と指摘。日医連の組織内候補である自民党・自見英子氏を「圧倒的得票数で再度国政に送り出さなければなりません」とし、支援活動の徹底を強く求めた。

 選挙の争点に関しては「財務省が主導する、かかりつけ医の制度化、診療報酬の包括化による社会保障費の抑制政策に対抗し、世界に冠たる国民皆保険を守り抜くための戦い」と称した。

 一方、松本氏も日医会長に就任した6月25日、日医会長・自見英子後援会会長の立場で檄文を送っている。松本氏は自見氏が大変厳しい状況にあるとしたうえで「約2年半もの間、新型コロナウイルス感染症への対応で医療現場には大きな負担がかかり、自見先生の知名度及び国会活動における活躍などの浸透ができていない」とした。加えて「是が非でも自見先生を高位で国会に送り込む必要がある」と強調した。

 中川氏が「最後の最後まで全身全霊で戦い抜きましょう」と鼓舞したのに対し、松本氏は「確実な票の積み増しには皆様の熱心な働き掛けが重要です。お力添えなくしては、勝利の栄冠はありません」とつづった。

 最後まで中川氏はトップダウン型で発信しつづけ、一方の松本氏はボトムアップ型を志向し、「皆様」にお願いする姿勢を鮮明にしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 勝関橋_2022年3月14日

    福島県沖地震の影響

  2. 自民党前_2021年6月25日

    骨太の「文言追加」

  3. 表参道シャネル付近(フリー写真)

    日看協が下した玉虫色の五輪協力

  4. 皇居前_2021年11月25日

    公的保険と認知症薬

  5. 六義園_2022年10月10日

    かかりつけ医の制度整備?

  6. 霞が関ビルから_2020年2月7日答申日

    ドンキの「ジェネリック」

  7. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

  8. 皇居のお堀_2021年12月9日

    中医協総会で無言を続ける委員

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】
PAGE TOP