羽生田氏から釜萢氏へ

羽生田氏から釜萢氏へ

 25年参院選に向け、日本医師連盟(委員長=松本吉郎・日医会長)の組織内候補というバトンは、羽生田俊氏(75=元日医副会長)から釜萢敏氏(70=現日医常任理事)に渡される。奇しくも、群馬県医出身者が2代続くことになる。【本根優】

 1月30日に行われる日医執行委員会で正式に釜萢氏が選出される。これに先立って開かれた16日の会議で、釜萢氏を組織内候補に選ぶことが内定している。

 候補者の公募は12日締め切られ、2氏が届け出ていた。それが、群馬県医師連盟の推薦を受ける釜萢氏と、岡山県医師連盟の推薦を受ける元県議の小林孝一郎氏(46)だった。

 東京都医師政治連盟が推す元自民党衆院議員の安藤高夫氏(64)も公募に応じる準備を進めていたが、次期衆院選に向け、東京28区の支部長を務めている関係で「自民党から(公募への)ゴーサインが出なかった」(都医関係者)。このため、断念せざるを得なかったという。

 釜萢氏は日本医科大卒。小児科医。高崎市医師会長などを経て、14年から日医常任理事。現在は総務、感染症危機管理対策・予防接種などを担当する。新型コロナウイルス禍に「日医の顔」としてメディア出演が多かったため、一般の知名度・認知度は高い。

 一方の小林氏は岡山大学医学部卒。血液内科医として病院などで勤務後、11年に県議初当選。3期務めた後、21年10月の衆院選に自民党比例中国ブロックから出馬したものの、落選した。

 経験豊富な釜萢氏か、若さをアピールする小林氏か、全国の医師連盟の支持が割れそうなところではあるが、16日の会合では「満場一致」で釜萢氏に内定したという。

 選考が行われるより前の根回し・多数派工作の結果、「より多く票を集められる候補」として釜萢氏支持が大勢を占めるような状況になっていたためだ。日医連としては「若さ」や「世代交代」よりも「経験」や「集票力」を重視した格好だ。
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 和気清麻呂像_2022年9月3日

    外用貼付剤議連

  2. 六義園_2022年10月10日

    かかりつけ医の制度整備?

  3. 不忍池_2021年6月29日

    ゾンビのような改革案

  4. 桜田門_2023年6月1日

    物価・賃金対応は「別枠で」

  5. 両国国技館前_2022年10月1日

    かかりつけ医論争

  6. オブリーンから約10年

    オブリーンから約10年

  7. コロナ禍の日比谷公園_2020‎年‎11‎月‎11‎日

    「効率化▲0.25%」の波紋

  8. 増える「特例的な対応」

    増える「特例的な対応」

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP