コロナ専用病床へのバラマキ政策

日銀通り_2021年3月26日

 コロナ治療で苦闘する病院関係者への遠慮があるからなのか、コロナ専用病床への補助金活用の実態は、今のところほとんど報道されていない。コロナ専用病床には最大で1床当たり1950万円、感染症疑い患者病床でも1床あたり450万円を上限に補助されている。【堤実篤】

 金額の妥当性はともかく、補助金を受け取ってから患者が入院せず、病床が稼働しなければ──?

 この問題はすでに昨年10月に指摘されている。日本病院会の相澤孝夫会長が『文藝春秋11月号』でこう疑問を述べたのである。

 <いまはコロナの患者さんがいなくても、病床を確保するだけで補助金が支払われます。集中治療室(ICU)の場合、一日最大で三十万一千円です。もちろん、大変ありがたいことではあります。ただ、相澤病院でも、人工透析が必要なコロナ患者のために病床を確保してありますが、コロナ感染症患者が極めて少ない地域のためか、まだ一人も入院していません。地域の特性でしょうか、「なにもせずにお金をもらってもいいのかな」と感じることもあります>

 第5波による感染爆発を受けて、補助金を受け取っていながらコロナ患者の受け入れに消極的な病院の存在が、ようやくクローズアップされるようになった。ただ、看護師不足など「正当な理由」を主張されたら、当局は容認せざるを得ないだろう。

 田村憲久厚労相は「補助金返還も含めて対応せざるを得ない」とブラフをかけたが、現下の情勢で「正当な理由」を精査できるとは考えられない。結果として、バラマキ政策に転化したことは否めない。

.

■ 中医協の速記録(非公式)をご希望の方は、こちらのページをご覧ください。

速記録のページへ .

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日比谷公園_2022年8月2日

    幻となった「上川厚労相」

  2. 深夜の厚労省前_2022年6月24日

    厚労省人事のツボ

  3. 国会図書館から見える国会_2021年11月25日

    安倍氏の存在感

  4. 東京駅前_2020年11月5日

    財務省の95年入省組

  5. 日比谷公園の噴水_2020年10月25日

    「医務技監」降板説!?

  6. 築地大橋_2022年9月16日

    中医協委員に茂松氏

  7. 日比谷公園霞門__2023年1月12日

    医療と介護の連携は幻想か

  8. 和田倉公園前_2021年1月10日

    日医会長はいつ接種!?

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第537回中医協総会(2023年1月25日)【速記録】

第537回中医協総会(2023年1月25日)【速記録】

第199回中医協・薬価専門部会(2023年2月1日)【速記録】

第199回中医協・薬価専門部会(2023年2月1日)【速記録】

第57回中医協・調査実施小委員会(2022年12月14日)【速記録】

第57回中医協・調査実施小委員会(2022年12月14日)【速記録】
PAGE TOP