「医歯看薬」のメンツ争い

佃大橋_2022年4月10日

 通常国会が6月15日に閉会し、参院選の日程は、当初言われていたとおり、「6月22日公示、7月10日投開票」に決まった。自民党の全国比例区では、医師、歯科医師、看護師、薬剤師ら医療関係職種の代表が同じ名簿上で当落、順位で激しい争いを繰り広げることになる。【本根優】

 なぜか。それが診療報酬改定をはじめとする予算措置、税制改正など、さまざまな影響を与えるからだ。各団体は「集票力」を与党に見せつけ、突きつけることで、自分たちの主張の反映を狙う。

 全国比例は「非拘束名簿式」のため、政党に割り当てられた議席数について、同じ比例代表名簿のなかで、候補者の得票順に当選者が決まっていく。

 振り返ると、19年の参院選では看護師12位(石田昌宏氏、約19万票)、薬剤師14位(本田顕子氏、約16万票)、医師16位(羽生田俊氏、約15万票)で、当選できたのは19位までだった。

 16年の参院選では、医師9位(自見英子氏、約21万票)、看護師11位(高階恵美子氏、約18万票)、薬剤師13位(藤井基之氏、約14万票)、当選できたのはやはり19人だった。

 今回は、9年ぶりに歯科が、山田宏氏を組織内候補として擁立する。日本歯科医師連盟を巡る迂回献金事件が起こったため、16年と19年は組織代表を立てるのを見送っていた。

 ちなみに山田氏は16年に約15万票を獲得し、得票順は高階氏と藤井氏の間の12位だった。

 今回22年の参院選には、自見氏、山田氏のほか、看護師の友納理緒氏、薬剤師の神谷政幸氏が、新人候補として自民党の比例名簿に名を連ねる。比例での出馬は合計で33人となる見通しだ。

 自民党の選対幹部は、岸田政権に対する追い風が吹き続ければ「前回の19議席を上回る可能性が高い」としつつ、細田博之衆院議長を巡るセクハラ問題など、世論の動向に目を光らせる。

 果たして、「医歯看薬」のうち、どの候補が一番上に来るだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 福徳神社前_2023年10月17日

    与党は「加藤・田村体制」

  2. 江戸城跡_2022年5月5日

    日医・中川会長の“反撃”

  3. 北桔橋門_2022年9月3日

    なお「政府頼み」の後発品業界

  4. 皇居前の内堀通り_2020年10月14日

    ポスト田村&加藤

  5. 晴れ渡った都庁通りから新宿超高層ビル群

    医療DXと診療報酬改定時期

  6. 承認と収載と再算定

    承認と収載と再算定

  7. 霞が関1丁目_2023年5月10日

    大幅引き上げ

  8. 夜の厚労省_2022年8月29日

    流通・薬価検討会の「人選」

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP