決起の血脈、五輪専用病床確保を拒否

弘道館正庁

 茨城県の大井川和彦知事は5月12日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会から「選手専用のコロナ病床確保を打診された」と打ち明けた上で、「選手を優先することは認められない」と拒否したことを報告した。いち早く五輪優先を拒否したのだ。この判断は茨城県医師会との合意がなければ下せない。【堤実篤】

 茨城県医師会の鈴木邦彦会長(元日本医師会常任理事)は医療法人博仁会理事長だが、同法人の所在地・常陸大宮市は、国政選挙区では茨城県第4区に入る。この選挙区を地盤とするのは、自民党茨城県連会長の梶山弘志経産相である。梶山氏の師匠は菅義偉首相だが、この政治ラインを鈴木氏がどう見たのか。あるいは政治ラインから鈴木氏に選手専用病床の確保が働きかけられたのか否か──。

 舞台裏は分からないが、大井川氏が政府の意向を蹴飛ばして筋を通した背景には、茨城県に流れる“決起の血脈”の一端も垣間見える。

 茨城県の思想風土を形作った水戸学は、幕藩体制を糾弾し、桜田門外の変や天狗党の乱など激烈な行動を誘発した。昭和初期には茨城県の青年たちが血盟団事件を引き起こす。決起には「理屈っぽい、怒りっぽい、骨っぽい」の「水戸っぽ気質」も影響していよう。

 決起の血脈は茨城県医師会にも流れ、県医師会は後期高齢者医療制度を巡って対立した自民党を集団離党して、民主党政権を呼んだ。政権交代を契機に日本医師会常任理事・中医協委員に就任した鈴木氏は、厚生労働省の審議会・検討会で、水戸っぽ気質さながらの攻撃性を発揮したのだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 和田倉噴水公園前_2020年8月30日

    次の事務次官は!?

  2. 国会図書館から見える国会_2021年11月25日

    安倍氏の存在感

  3. 日比谷公園_2020年11月11日

    献金減で“抗議”

  4. 伊達政宗終焉の地_日比谷公園_2021年10月5日

    落選した自民・厚労関係議員

  5. 自民党前_2021年6月25日2

    自民総裁選

  6. 皇居前の内堀通り_2020年10月14日

    ポスト田村&加藤

  7. 勝関橋_2022年3月14日

    福島県沖地震の影響

  8. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP