岸田首相の判断は!?

国会前の並木道_2021年12月9日

 12月17日までにケリがつくと目されていた22年度診療報酬改定率を巡る政府・与党内の調整は、膠着状態のまま、週末を迎えることとなった。【本根優】

 診療報酬技術料(本体)に関して、すでに2つのプラス要因が出ている。

 菅義偉前首相時代に決めた不妊治療の保険適用(0.3%程度)と、岸田文雄首相肝煎りの看護職員の処遇改善(0.2%程度)だ。これを足して、計0.5%程度の引き上げは織り込み済みということになる。

 日本医師会の中川俊男会長は15日の定例会見で、それを踏まえて「0.5%ちょっとで終わるのであれば、改定財源が見当たらなくなる。大幅なプラス改定が必要と思っているし、そう要請している」と述べた。

 さらに、岸田文雄首相に直談判する予定があるかと問われると「直接会うかはわからないが、いろいろなかたちでコミュニケーションはとっている。そういう意味では意思疎通は取れている」と語った。

 しかし、自民党関係者は首を捻る。

 「中川さんは岸田首相と面会が果たせてないばかりか、茂木(敏充)幹事長や、高市(早苗)政調会長とも会えていない」

 厚労関係の幹部議員らは、17日夕時点で、改定率をめぐる攻防は「財務省と厚労省の事務レベルではどうにも溝が埋まらない状況」に陥っていると明かす。

 「あとは総理の判断になるだろう」との観測が根強い。

 状況としては、プラス要因が計0.5%程度ありつつも、財務省は入院医療の見直しで0.2%程度の適正化を図り、トータルで0.3%程度の引き上げまでは容認する姿勢だ。しかし、それでは「看護・不妊」を除くと、実質マイナス改定になってしまう。

 厚労省は改定財源確保に向けて、上積みを目指す主張を続けているものの、旗色が悪い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日比谷公園_2021年3月23日

    萎みつつある期待

  2. 日比谷公園前_2022年8月9日

    次の厚労部会長は?

  3. 桜田門から国会_2023年5月10日

    「骨太に盛り込んで」

  4. 日比谷公園のはにわ_2021年3月20日

    政争の具「こども庁」

  5. 桜田門_2023年6月1日

    物価・賃金対応は「別枠で」

  6. 心字池_2021年6月29日

    中医協委員の交代

  7. 日比谷公園_2020年11月11日

    献金減で“抗議”

  8. 表参道シャネル付近(フリー写真)

    日看協が下した玉虫色の五輪協力

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP