「医務技監」降板説!?

日比谷公園の噴水_2020年10月25日

 「就いたばかりの福島(靖正)医務技監が“文春砲”の餌食になる」。10月26日ごろ、厚生労働省の医療関係部局でそんな噂が飛び出した。【本根 優】

 「降板か?」

 「イヤ、さすがにそれはないだろう」

 現役官僚の間でそういったやりとりが交わされた。

 福島靖正氏は、84年熊本大学医学部卒。09年に健康局結核感染症課長、12年に大臣官房厚生科学課長、14年に大臣官房審議官(医政担当)を務め、15年から健康局長を務めた。その後、成田空港検疫所長、国立保健医療科学院長を経て、今年8月、次官級の2代目医務技監に就いた。

 前任の鈴木康裕氏が老健局老人保健課長、保険局医療課長、そして保険局長と花道を歩んできたのに比べ、地味な印象は否めない。

 一方で、その福島氏が女優・宮崎美子の“元カレ”というのは、その界隈ではかなり有名な話。それだけに「何か破廉恥な話か?」「焼けぼっくいに火がついて“暴走”!?」などと、医系技官らがざわついたものの、フタを開けてみれば10月29日発売の『週刊文春』の記事は「宮崎美子 奇跡の61歳をビキニにさせたのは厚労省No.2だった」というもの。

 文春にしては、おとなしめの好意的な内容だったため、関係者は一様に拍子抜け。福島氏の進退に発展する事態は起こらなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 大手町_2020年11月10日

    薬価の官報告示

  2. 日比谷公園_2020年11月11日

    献金減で“抗議”

  3. 和田倉門_2020年12月22日

    毎年と中間年の意味

  4. 日比谷公園_2021年3月23日

    日本式費用対効果

  5. 日比谷公園_2021年4月12日

    “助けられた” 日医・中川会長

  6. 東京駅前_2020年12月17日

    「中川報道」余波

  7. 平河町__2017年1月18日

    コロナ禍での会食「内規」

  8. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

令和3年度第2回中医協・入院分科会(2021年6月16日)【議事録】

 令和3年度第2回中医協・入院分科会(2021年6月16日)【議事録】

第480回中医協総会(2021年5月26日)【議事録】

第480回中医協総会(2021年5月26日)【議事録】

第109回中医協・材料専門部会(2021年5月26日)【議事録】

第109回中医協・材料専門部会(2021年5月26日)【議事録】

第479回中医協総会(2021年5月12日)【議事録】

第479回中医協総会(2021年5月12日)【議事録】

第178回中医協・薬価専門部会(2021年5月12日)【議事録】

第178回中医協・薬価専門部会(2021年5月12日)【議事録】

第203回中医協・基本問題小委員会(2021年5月12日)【議事録】

第203回中医協・基本問題小委員会(2021年5月12日)【議事録】

令和3年度第1回中医協・入院分科会(2021年4月28日)【議事録】

令和3年度第1回中医協・入院分科会(2021年4月28日)【議事録】

最近の記事

  1. 浅草寺_2021年6月12日
  2. 新東海橋_2021年6月7日
  3. 日比谷公園のはにわ_2021年3月20日
  4. 三宅坂_2021年5月10日
  5. 日比谷公園_2021年4月12日
  6. 東京駅前_2020年12月17日
  7. 日比谷公園_2021年3月23日
PAGE TOP