牧原厚労部会長

法務省前_2021年3月26日

 「予想できた人事」
 こう語るのは厚生労働省の審議官級幹部だ。衆院選後の自民党人事で、政務調査会(高市早苗会長)の厚労部会長に牧原秀樹氏が就任した。【本根優】

 牧原氏は当選5回。名門麻布中・高を卒業後、東大法学部に入学。在学中に司法試験に合格している。2001年には米ジョージタウン大学を卒業。02年にはあの小室圭さんが“合格しなかった”ことで話題の、ニューヨーク州司法試験にも合格している。渉外弁護士として数多くの国際案件に携わった。

 その後、経済産業省を経て、05年に衆院初当選。09年の民主党大勝時には落選を経験したが、12年から4回連続で当選を果たしている。

 ただし、小選挙区(埼玉5区)で議席を獲得したことはない。同じく弁護士出身の立憲民主党・枝野幸男代表(11月12日付で辞任)がいるからだ。このため牧原氏の5回の当選は、すべて比例復活だった。

 牧原氏はこれまでに党環境部会長、経済産業副大臣、衆院内閣委員長、厚労副大臣などを務めてきた。

 11月12日には厚労部会長就任後、初の部会を開いた。会合後、自身のツイッターにはこう記した。

 「厚生労働分野は巨額の財源が必要で、利害関係者も多岐に渡り、範囲も広いですが、副大臣も経験し新たに勉強するようなことはほとんどないのでフルスピードでやります。とはいえ時間がなさすぎ、本予算まで見据えて参ります」

 こうした発言からは「自信家」であることが透ける。無派閥で二世議員ではない、たたき上げの議員として菅義偉首相に師事してきた。

 弁護士出身の厚労部会長と言えば、医師で弁護士資格も持つ古川俊治参院議員以来(15~16年)。古川氏とは、選挙区が埼玉で「自信家」という部分も共通している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 誰もいない深夜の東京タワー前_2022年5月13日

    日医会長2期目の難しさ

  2. 国会前_2021年12月9日

    薬機法改正

  3. 鼻息の粗い財務省

    鼻息の粗い財務省

  4. 東洋の偉人ホセ・リサール博士記念碑_2023年7月6日

    新薬創出加算の行方

  5. 日比谷公園_2022年8月2日

    幻となった「上川厚労相」

  6. 日比谷シティ前_2023年8月2日(中医協の帰り道)

    改定時期「2度」への懸念

  7. 増上寺前_2020年10月25日

    政府の「初音ミク」に対抗

  8. 佃大橋から隅田川_2022年5月11日

    中川氏不出馬の裏事情

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP