高市氏の善戦

皇居前・突入防止の置き石_2021年4月12日

 自民党総裁選は9月29日に投開票される。4候補が出馬する中、当初予想されたシナリオから大きくズレた展開を見せている。最も大きな要因は高市早苗氏の善戦だ。それにより、医療・医薬品業界の関係者からは「河野太郎政権」誕生への警戒の声が聞かれる。【本根優】

 当初、永田町の関係者間で現実視されていたのは「世論の人気ナンバー1の河野太郎氏と、議員票に強い岸田文雄氏の決選投票」という絵姿だ。

 そこで、3位に食い込むと目される高市氏の支援票が岸田氏へ流れ、「2位・3位連合」で岸田氏が勝利するというものだった。

 そうなれば、高市氏支援を鮮明にした安倍晋三前首相と、河野氏を自派閥に抱えながら岸田氏を事実上バックアップする麻生太郎財務相のタッグが、今後も影響力を行使するとの見立てがあった。

 ところが、選挙戦も終盤に差し掛かり、タカ派の論客で鋭い弁舌と、親しみやすい関西弁が持ち味の高市氏が当初想定された以上の善戦を見せているという。

 自民党の古参秘書は「議員票だけなら岸田氏100、河野氏80に対し、高市氏が70近くは積み上げている」と解説する。野田聖子氏の20を除けば、100票あまりの行先はなお不明ということになるが、今後も勢いを増せば、1回目の投票で地方票を稼いだ河野氏に次いで、高市氏が2位に食い込む可能性が浮上しているという。

 しかし、高市氏が2位に入った場合に、岸田氏の陣営が決選投票で高市氏支持に回るかと言えば、そこでは強すぎるタカ派色に対し、敬遠する向きが多く、河野氏に票が流れることが予想される。すると、河野新総裁・新首相誕生となる。

 日本医師会幹部の1人は「河野氏は、自らの政権浮揚のために医師会を抵抗勢力に位置付ける可能性がある」と恐れる。また、ある製薬団体幹部は「推薦人を見ても、一番パイプがないのが河野さん。菅(義偉)氏が背後におり、再び薬価(引き下げ)に手厳しい政権になるかもしれない」と嘆息する。

■ 中医協の速記録(非公式)をご希望の方は、こちらのページをご覧ください。

速記録のページへ .

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

  2. 東京駅前_2020年11月5日

    財務省の95年入省組

  3. 増上寺前_2020年10月25日

    政府の「初音ミク」に対抗

  4. 和気清麻呂像前_2020年10月21日

    衝撃の首相秘書官人事

  5. 横網町公園_2022年11月5日

    縄張り

  6. 財務省前_2022年9月26日

    政策の議論も中医協の所掌か?

  7. 築地大橋_2022年9月16日

    中医協委員に茂松氏

  8. 日比谷公園前_2022年8月9日

    厚労部会長に田畑氏

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】
PAGE TOP