日医会長はいつ接種!?

和田倉公園前_2021年1月10日

 新型コロナウイルスのワクチン接種が2月17日、国内で始まった。第1例目は国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)の新木一弘院長となった。新木氏は接種後「30分以上経っても打った場所に全く痛みがない。これまで受けた予防接種の中で、一番痛みがない」と笑顔で語った。【本根優】

 それだけではない。「ワクチンは新型コロナウイルス感染症への切り札。国民に広く使ってもらうための貴重なデータが、この先行研究で、我々のデータも含めて解析されれば大変ありがたい」と、厚生労働省から見て、まさに“優等生”といったコメントを残した。

 それもそのはずで、新木氏は元厚労省の官僚。慶應義塾大学医学部を卒業後、85年に入省。06年に医政局研究開発振興課長、08年に文部科学省高等教育局医学教育課長、11年に社会保険診療報酬支払基金審議役などを務めた。17年から東京医療センター副院長に就き、20年4月に院長に就任していた。

 翌18日には、菅義偉首相が同センターを視察。そこには、菅首相をエスコートする新木氏の姿があった。

 さて、コロナワクチンをめぐっては、100医療機関約4万人の先行接種に続き、医療従事者470万人(当初予測は370万人)の接種に移る見通しだ。

 「オレは“医療従事者”(の枠)なのか?」

 周囲の関係者にこんなつぶやきをしているのが、日本医師会の中川俊男会長。数ヵ月前には「国内で一番は菅総理で、二番目は私」などと吹聴していたが、菅首相は医療従事者の後に行われる高齢者(約3600万人)枠で接種する意向。

 一方で、中川氏は、医療界で指導的な立場にありながらも、コロナ患者の診察や搬送に関わる医療従事者には該当しない。よって、菅首相と同様に高齢者枠で接種することになりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日比谷公園の噴水_2020年10月25日

    「医務技監」降板説!?

  2. 大手門_2020年9月18日

    メタボ目標への批判

  3. 増上寺前_2020年10月25日

    政府の「初音ミク」に対抗

  4. 日比谷公園の噴水_2020年11月11日

    田村憲久君を応援する会

  5. 和田倉噴水公園_2020年11月11日

    日医・中川会長への礼賛

  6. お台場海浜公園_2021年1月1日

    新薬の薬価収載「時期」

  7. 霞門_2020年10月25日

    バイク便は「不可」

  8. 今井町の街並み

    診療報酬は「1点11円」に(奈良だけ!?)

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第475回中医協総会(2021年2月10日)【議事録】

第475回中医協総会(2021年2月10日)【議事録】

第53回中医協・調査実施小委員会(2021年2月10日)【議事録】

第53回中医協・調査実施小委員会(2021年2月10日)【議事録】

第201回中医協・基本問題小委員会(2021年2月10日)【議事録】

第201回中医協・基本問題小委員会(2021年2月10日)【議事録】

第474回中医協総会(2021年2月3日)【議事録】

第474回中医協総会(2021年2月3日)【議事録】

第52回中医協・調査実施小委員会(2021年2月3日)【議事録】

第52回中医協・調査実施小委員会(2021年2月3日)【議事録】

第473回中医協総会(2021年1月27日)【議事録】

第473回中医協総会(2021年1月27日)【議事録】

第472回中医協総会(2021年1月13日)【議事録】

第472回中医協総会(2021年1月13日)【議事録】

最近の記事

  1. 和田倉公園前_2021年1月10日
  2. 霞門_2020年10月25日
  3. 日比谷_2020年9月8日
  4. 国会前_2021年1月27日
  5. 桜田門外_2021年1月13日
  6. 2021年1月13日の調査実施小委員会(オンライン開催)
  7. 国会前_2020年9月18日
PAGE TOP