ドンキの「ジェネリック」

霞が関ビルから_2020年2月7日答申日

 一般的にジェネリック医薬品と言えば、新薬の特許が切れた後に、続々と出てくる新薬と同じ有効成分を持つ医薬品を指す。後発医薬品、後発品とも呼ばれる。開発費が掛からないことなどから、新薬より価格が安く、医療費の抑制にも寄与するとして、国は20年来、インセンティブを設けて使用を推進してきた。【本根優】

 話は変わるが、全国に量販店「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは2月1日から系列の店舗で「アレルギー専用鼻炎薬 鼻炎錠『CX』」の販売を開始した。

 これは、第2類医薬品のアレルギー薬「アレグラ」(一般名・フエキソフェナジン塩酸塩)のプライベートブランド(PB)品と言える。花粉症シーズンを狙って市場投入してきた。

 大手ネット通販が、久光製薬の「アレグラFX」28錠を1200円程度(税込)で販売する中、ドンキは30錠を、税抜798円(税込878円)で販売している。

 「驚安の殿堂」を謳い文句にするドンキらしい価格設定で、大手ドラッグストアの関係者らを驚かせている。

 同社は「21年中にジェネリックな医薬品の発売を約20アイテム予定しており、今後もお客さまの暮らしに寄り添った商品ラインアップをさらに強化していきます」と意気込む。

 ここで言う「ジェネリック」の意味は、前述の医療用医薬品の先発薬に対する後発品とは異なる。OTC薬の世界で、先行するブランドに対し、ドンキ流に価格を落とした戦略商品という意味だ。いわゆる「ジェネリック家電」の文脈に近い。果たして、患者・消費者はドンキが仕掛けるジェネリックにどのような反応を見せるのだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 天王洲のアイル橋_2021年3月23日

    岸田氏の人事と政策

  2. 日比谷公園_2021年10月8日

    リフィルが火種に

  3. 日比谷_2020年9月8日

    ワクチンの運び屋

  4. 桜田門外_2021年12月9日

    改定率を巡る攻防

  5. 弘道館正庁

    決起の血脈、五輪専用病床確保を拒否

  6. 桜島_2020年10月3日

    「下村議連」 新たな火種か

  7. 桜田門_2022年9月5日

    自公ともに窮地

  8. 2020年末_江戸桜通り

    国会議員の会食

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】
PAGE TOP