新たな後発品目標

日比谷公園_2021年3月23日

 厚生労働省はこの程、新たな後発医薬品の数量シェア目標を示した。「23年度末までに全都道府県で80%以上」というものだ。【本根優】

 これが意欲的な目標かと言えば、そうではない。今後の情勢がまったく見通せない中で「場当たり的」に設定したものと言わざるを得ない。

 厚労省は20年9月までに全国で80%以上という目標を掲げ、それに向けて取り組みを続けてきたものの、薬価調査の結果、78.3%と未達に終わった。

 これを踏まえ、厚労省は新たな目標を20年度内に示す方向で調整を進めていた。ところが、健康被害までもたらした小林化工の睡眠導入剤混入事案や、業界大手・日医工のGMP(製造及び品質管理基準)違反など、後発品への信頼を揺るがす重大事案が発生し、「使用促進どころではない」(厚労省医政局関係者)事態に陥った。

 それでも、新目標を示さないわけにいかない。各方面からせっつかれ、当たり障りのない目標として設定されたのが「全都道府県で80%以上」というものだ。

 70%を下回る最下位の徳島をはじめ、80%未満の17都府県の使用割合を底上げすることで、全都道府県で80%をクリアしたい考えだ。

 これに関し、野党関係者は「都道府県ごとにバラつきがあることは従来からわかっていた。全都道府県が80%というのは、これまでの目標と総体としては変わらず、事実上の目標の据え置きだ」と指摘する。

 もちろん、全都道府県が80%を達成すれば、全国的には80数パーセントにはなるだろうが、国全体として、例えば「85%以上」といった明確な数値目標を設定できないのは、行政が責任を持てない程、先行きが不透明であることの証左だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. アイル橋_2022年3月7日

    日医代議員会

  2. 平川門_2021年7月20日

    自見氏再選

  3. 旧近衛師団司令部庁舎_2021年7月6日

    日病・相澤会長のかかりつけ医論

  4. 霞が関ビルから_2020年2月7日答申日

    ドンキの「ジェネリック」

  5. 隅田川で最も下流に位置する築地大橋_2022年4月27日

    日医・松原副会長の“謀反”

  6. 江戸城跡_2022年5月5日

    日医・中川会長の“反撃”

  7. 2020年末_江戸桜通り

    国会議員の会食

  8. 夜の厚労省_2022年8月29日

    流通・薬価検討会の「人選」

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第528回中医協総会(2022年9月14日)【速記録】

第528回中医協総会(2022年9月14日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP