マイナンバーカードの保険証利用に暗雲、関係者は後ろ向き

厚生労働省保険局_2019年6月12日の医療保険部会

 嫌われ者のマイナンバーカードでも、すでに普及している健康保険証の機能をドッキングさせれば広まるという政府のもくろみだが、早くも暗雲が立ちこめている。6月12日、健康保険証に関わる保険者や医療関係者らが集まった厚生労働省の会議では、後ろ向きな発言が相次いだ。「責任の所在は国にある」と保険者の代表が言えば、厚労省の担当者は「保険者に先駆的に負わすということではない」と声を曇らせた。【新井裕充】

 医師会の関係者は、「法律上は必ずしもマイナンバーカードを使わねばならないという文章ではない」と、あくまでも現行の保険証を重視した。厚労省の担当者は「現在ある保険証をなくすとか、そういう強制的なものを伴っているものではない」と声のトーンを下げた。

 今年5月15日、マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにする改正健康保険法が成立し、22日に公布された。政府は6月4日の「デジタル・ガバメント閣僚会議」で、マイナンバーカードの普及などに関する方針(案)を提示。その中で、令和3(2021)年3月から「マイナンバーカードの健康保険証利用の仕組みを本格運用する」とし、さらに「令和4年度中に概ね全ての医療機関での導入を目指す」「令和4年度中にほとんどの住民がマイナンバーカードを保有する」と意気込んでいる。

 厚労省は6月12日、社会保障審議会(社保審)の医療保険部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)を開き、改正健保法の主要事項を報告するとともに、マイナンバーカードの普及に関する方針を関係者に伝えた。

 しかし、その会議で出たのは「事業主に働きかける必要がある」「国が率先してPRを行っていただきたい」など、責任のなすりつけあいとも思える発言。「令和4年にできる道筋はあるのか」と厚労省担当者をただす場面もあり、当事者意識ゼロの発言が続出した。

 この日の会議での主な発言は、次ページ以降を参照。

固定ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 遠藤久夫部会長(国立社会保障・人口問題研究所所長)_2019年6月12日の医療保険部会

    診療報酬改定、「玉虫色で解釈がバラバラ」

  2. 皇居前広場_20200916

    医療保険は国民の幸福に資するもの

  3. 菊池馨実部会長代理(早稲田大学大学院法学研究科長)_20200312_医療保険部会

    「薬剤自己負担の引上げについて」(説明全文)

  4. 受診時の顔認証システムの導入などに向け対応案 ── 2019年12月25日の社保審・医療保険部会

  5. 井上隆参考人(日本経済団体連合会常務理事)ほか_20200312_医療保険部会

    「薬剤自己負担の引上げについて」(質疑全文)

  6. 2019年6月12日の医療保険部会_会議風景

    高齢者が交流するサロンで要介護者が半減? 「あまりにも無責任」の声も

  7. 240_20200326_医療保険部会

    金融資産等の保有状況を考慮に入れた負担の在り方について ── 3月26日の医療保険部会

  8. 「マイナンバーカードが健康保険証になる」との説明に日医幹部が反論

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

令和2年度第2回中医協・入院分科会(2020年10月22日)【議事録】

令和2年度第2回中医協・入院分科会(2020年10月22日)【議事録】

第466回中医協総会(2020年9月16日)【議事録】

第466回中医協総会(2020年9月16日)【議事録】

第199回中医協・基本問題小委員会(2020年9月16日)【議事録】

第199回中医協・基本問題小委員会(2020年9月16日)【議事録】

第465回中医協総会・記者ブリーフィング(2020年9月14日)【議事録】

第465回中医協総会・記者ブリーフィング(2020年9月14日)【議事録】

第168回中医協・薬価専門部会(2020年7月22日)【議事録】

第168回中医協・薬価専門部会(2020年7月22日)【議事録】

第60回中医協・改定結果検証部会(2020年6月17日)【議事録】

第60回中医協・改定結果検証部会(2020年6月17日)【議事録】

第108回中医協・材料専門部会(2020年1月22日)【議事録】

第108回中医協・材料専門部会(2020年1月22日)【議事録】

最近の記事

  1. 和気清麻呂像前_2020年10月21日
  2. 皇居前の内堀通り_2020年10月14日
  3. 桜島_2020年10月3日
  4. 雲の上_2020年10月1日
  5. 三宅坂_2020年3月25日
  6. 国会前_2020年9月18日
PAGE TOP