PICK UP

マイナンバーカードの保険証利用に暗雲、関係者は後ろ向き

厚生労働省保険局_2019年6月12日の医療保険部会

 嫌われ者のマイナンバーカードでも、すでに普及している健康保険証の機能をドッキングさせれば広まるという政府のもくろみだが、早くも暗雲が立ちこめている。6月12日、健康保険証に関わる保険者や医療関係者らが集まった厚生労働省の会議では、後ろ向きな発言が相次いだ。「責任の所在は国にある」と保険者の代表が言えば、厚労省の担当者は「保険者に先駆的に負わすということではない」と声を曇らせた。【新井裕充】

 医師会の関係者は、「法律上は必ずしもマイナンバーカードを使わねばならないという文章ではない」と、あくまでも現行の保険証を重視した。厚労省の担当者は「現在ある保険証をなくすとか、そういう強制的なものを伴っているものではない」と声のトーンを下げた。

 今年5月15日、マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにする改正健康保険法が成立し、22日に公布された。政府は6月4日の「デジタル・ガバメント閣僚会議」で、マイナンバーカードの普及などに関する方針(案)を提示。その中で、令和3(2021)年3月から「マイナンバーカードの健康保険証利用の仕組みを本格運用する」とし、さらに「令和4年度中に概ね全ての医療機関での導入を目指す」「令和4年度中にほとんどの住民がマイナンバーカードを保有する」と意気込んでいる。

 厚労省は6月12日、社会保障審議会(社保審)の医療保険部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)を開き、改正健保法の主要事項を報告するとともに、マイナンバーカードの普及に関する方針を関係者に伝えた。

 しかし、その会議で出たのは「事業主に働きかける必要がある」「国が率先してPRを行っていただきたい」など、責任のなすりつけあいとも思える発言。「令和4年にできる道筋はあるのか」と厚労省担当者をただす場面もあり、当事者意識ゼロの発言が続出した。

 この日の会議での主な発言は、次ページ以降を参照。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 遠藤久夫部会長(国立社会保障・人口問題研究所所長)_2019年6月12日の医療保険部会

    診療報酬改定、「玉虫色で解釈がバラバラ」

  2. 武久洋三参考人(日本慢性期医療協会会長)[20190927医療保険部会]

    「次期改定は2022年を見据えた改定」に異議あり ── 9月27日の社保審・医療保険部会

  3. 20190612医療保険部会

    「妊娠したら医療費を無料に」 妊婦加算が社保審で初めて議論に

  4. 20190927医療保険部会

    政府の社会保障検討会議、「まだよく分からない」と厚労省課長 ── 9月27日の医療保険部会

  5. 2019年6月12日の医療保険部会_会議風景

    高齢者が交流するサロンで要介護者が半減? 「あまりにも無責任」の声も

第440回中医協総会(2019年12月11日)【議事録】

第440回中医協総会(2019年12月11日)【議事録】

第439回中医協総会(2019年12月6日)【議事録】

第439回中医協総会(2019年12月6日)【議事録】

第161回中医協・薬価専門部会(2019年12月6日)【議事録】

第161回中医協・薬価専門部会(2019年12月6日)【議事録】

第438回中医協総会(2019年12月4日)【議事録】

第438回中医協総会(2019年12月4日)【議事録】

第437回中医協総会(2019年11月29日金)【議事録】

第437回中医協総会(2019年11月29日金)【議事録】

第106回中医協・材料専門部会(2019年11月29日金)【議事録】

第106回中医協・保険医療材料専門部会(2019年11月29日金)【議事録】

第436回中医協総会(2019年11月27日水)【議事録】

第436回中医協総会(2019年11月27日水)【議事録】

最近の記事

  1. 分割調剤について ── 2019年12月11日の中医協総会
  2. 厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20191127中医協総会
  3. 吉川久美子委員(日本看護協会常任理事)_20191120中医協総会
PAGE TOP