PICK UP

7対1からの脱落、「それほど多くはなかった」── 厚労省の森光課長、中医協分科会で

厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20190607入院分科会

 2020年度の診療報酬改定を担当する厚生労働省保険局医療課の森光敬子課長は6月7日、入院医療に関する調査結果を示した会議で、7対1からの脱落がわずか3%程度にとどまった感想を問われ、「予測どおりかどうかは別として、それほど正直、多くはなかった、結果として大きくなかったと思っている」と答えた。【新井裕充】

 厚労省は同日、中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬調査専門組織である「入院医療等の調査・評価分科会」(分科会長=尾形裕也・九州大学名誉教授)の今年度第2回会合を開き、「2018年度調査結果(速報)」を示した。
.
20190607_入院医療分科会1
.
 それによると、改定前に一般病棟(7対1)を届け出ていた病棟のうち、改定後の「急性期一般入院料1」にそのままスライドしたのが96.5%と多数を占め、「急性期一般入院料2」に転換したのは2.6%だった。

.

16_2018年度調査結果(速報)

.

「7対1から2に落ちた2.6%をどう読むか」と全日病の神野副会長

 質疑の冒頭、全日本病院協会(全日病)の神野正博副会長(恵寿総合病院理事長)は「7対1から(急性期一般入院料)2に落ちた、降りた2.6%をどう読むか。聞きにくいが質問したい」と尋ねた。

 厚労省の森光課長は「最初どれぐらい予測していたかは知らない」とした上で、「それほど正直、多くはなかった、結果として大きくなかった」と答えた。

 質疑応答の模様は、次ページを参照。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 20190703入院分科会

    療養病棟が「看取りの場所になっている感じ」との発言で、激しい口論に

  2. 20190905中医協入院分科会3

    「高度な医療」の判断基準をめぐり激論 ── 9月5日の入院分科会

  3. 2019年7月3日開催_中医協・入院医療等の調査・評価分科会

    2020年度改定に向け、療養病棟入院基本料の論点を示す

  4. 20190619入院医療分科会2

    なぜ、退院しないのか? 「居心地が良いので、なんとなく満足」

  5. 20190619_入院医療分科会(事務局)

    看護必要度のデータを修正、「気づくのが遅れたことはお詫びしたい」と厚労省担当者

  6. 中医協・入院医療分科会_20190919

    「入院患者の評価指標等」の追加分析(説明と質疑全文)── 9月19日の入院分科会

  7. 20191003_中医協入院分科会

    「入院医療等の調査・評価分科会」令和元年度第9回会合(2019年10月3日)【議事録】

  8. 2中医協「入院医療等の調査・評価分科会」20190919

    「診療実績データの提出にかかる評価」で3つの論点を示す ── 9月19日の入院分科会

最近の記事

  1. 田辺国昭会長(東大大学院法学政治学研究科教授)_20191018中医協
  2. 20191016_中医協・入院分科会
  3. 20191009保険医療材料専門部会
  4. 20191009薬価専門部会
  5. 日本医師会_20191009中医協総会
  6. 20191003_中医協入院分科会
  7. 20190927医療保険部会
PAGE TOP