日医会長選の動向

日医会長選の動向

 2年に1度の診療報酬改定が終わり、その結果が直後の日本医師会会長選挙に直接影響を与える。そんなサイクルが存在する中、今回はどうなるかと言えば「プラス改定を追い風に、日医・松本吉郎会長が2期目当選」というシナリオが現実味を帯びている。 【本根優】

 松本氏は、日医会長選に出馬することを正式には表明していないが、すでに全国からの支持が集まり、6月22日の定例代議員会で行われる選挙では“無風”のまま再選を決める公算が大きい。

 24年度診療報酬改定が本体プラス(0.88%増)で決着したことに対し、松本氏の手腕を評価する声が多く、それが続投要請につながっている。さらに会長就任以来、日医の組織強化を最重要課題に掲げ、実際に会員数アップを実現した。

 日医会長選は全国8ブロックの代議員(380人)による投票で決まる。

 1月に「九州医師会連合会」が松本氏の実績を評価し、逸早く出馬要請。2月に入り、松本氏の地盤である埼玉を含む「関東甲信越医師会連合会」も出馬要請を決めた。さらに「東北医師会連合会」も松本氏を推薦する方針を決定。3月に入り「中部医師会連合」「近畿医師会連合」も同調する動きを見せた。

 これら5ブロックの代議員数を数えると、7割を超えることになり、当選には十分すぎるほど。残るのは北海道、東京、中四国の3ブロックだけだ。

 北海道と言えば、追い込まれ、身を引く格好となった中川俊男前会長の出身医師会。東京と中四国は、25年参院選の日本医師連盟「組織内候補」公募の過程で、出馬が決まった釜萢敏常任理事「以外」を推す動きを見せていたブロックになる。公募の体裁を取りながら、松本氏自らが“肩入れ”し、釜萢氏擁立へ動いたことへの不信感が、他ブロックと比べた場合の「推薦の遅れ」という形で表面化している。
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 横浜_2022年11月6日

    新薬創出等加算の「穴埋め」

  2. 夜の厚労省_2022年8月29日

    流通・薬価検討会の「人選」

  3. 松本氏を「持ち上げる会」

    松本氏を「持ち上げる会」

  4. 増上寺前_2020年10月28日

    3年ぶりの賀詞交歓会

  5. 国会付近__2023年10月16日

    「こども財源」と改定

  6. 国会前_2021年3月26日

    “あぶない”医師候補たち

  7. 地域別診療報酬「再び」

    地域別診療報酬「再び」

  8. 日比谷公園霞門__2023年1月12日

    医療と介護の連携は幻想か

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP