「医政」の意味

上野恩賜公園の鑑真銅像_2023年3月30日

 医政という言葉は、厚生労働省が用いるケースと、医師会が用いるケースで全く意味が異なる。もっぱら厚労省は「局」と結び付けて使い、医師会は「活動」として捉えている。両者の違いを見ていきたい。【本根優】

 厚労省が医政局の所掌内容として示しているのは、以下のようなものだ。

 「近年の高齢化、疾病構造の変化、医療の質を求める国民の声の高まりなどに応え、良質で効率的な医療提供体制の実現に向けた政策の企画立案を行う」

 01年の省庁再編で厚生省と労働省を統合再編して厚労省が発足。その際に、健康政策局が医政局に変わり、20年余りが経過している。

 他方で、医師会が「医政活動」と言うときには、政策立案という文脈では用いない。

 端的に表現すれば「医療現場の主張や要望を政治の場に届けること」という意味で使われている。医師会関連の会合では「医政なくして医療なし」というスローガンが頻繁に登場する。医政活動を成就させるためには、医師の代表か、医療に理解のある代理人を政治の場に送り出す必要があるとも言われる。

 それが、政治団体の「日本医師連盟」が抱える組織内候補であり、当選をすれば参院議員ということになる。現在で言えば、自民党の羽生田俊氏と自見英子氏の2人だ。医師会活動と医師連盟活動は「車の両輪」に例えられることもある。

 そんな中、3月26日の日医臨時代議員会では、組織強化の一環として、常任理事を4人増員する定款などの改正案が賛成多数で承認された。

 松本吉郎会長は「腹案としては4人を4つの地区に振り分けて、1人あたり12都道府県を担当して会員増員と医政活動をやってもらいたい」と明言した。

 これはつまり、松本会長が現在の日医のウイークポイントは「医政活動」と捉えているとも考えられる。

 常任理事の業務量増も、もちろん背景にあるだろうが、こうした発想自体、少なくとも、安倍晋三首相(当時)と蜜月を築き、4期8年を務めた横倉義武会長時代には存在しなかったことだ。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日本橋三越前_2022年6月27日

    檄文の違い

  2. 霞が関2丁目_2023年7月21日

    物価・賃金上昇「踏まえる」だけ?

  3. 増上寺_2020年8月31日

    都医・尾﨑会長に「困惑」する日医

  4. 雪道でトラブル

    地域包括ケア病棟評価をめぐる議論の軍配は?

  5. 厚労省前_2021年3月23日

    2024年度診療報酬・介護報酬同時改定の医療課長は?

  6. 日比谷公園_2022年8月2日

    幻となった「上川厚労相」

  7. 晴れ渡った都庁通りから新宿超高層ビル群

    医療DXと診療報酬改定時期

  8. 国会前_2021年12月9日

    薬機法改正

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP