「安全運転」の松本会長

日銀前の江戸桜通り_2021年7月27日

 「植松、原中、中川型ではなく、唐澤、横倉型の会長」
 こう分析するのは、厚生労働省の元幹部だ。6月25日に就任した日本医師会の松本吉郎会長の言動に対して、類型化して論じている。【本根優】

 どういうことか。植松治雄(大阪)、原中勝征(茨城)、中川俊男(北海道)の3人は、あえて与党・自民党(原中氏の時代は野党)から距離を置くことでリーダーシップを発揮しようとした。だが結果的に、1期2年で、その座を追われた。

 これに対し、唐澤祥人氏(東京)、横倉義武氏(福岡)は、対決姿勢を示さず、あからさまに自民党に擦り寄った。振り返れば、唐澤氏は2期4年、横倉氏は4期8年、日医会長の座にとどまったことになる。

 松本氏の考えは「後者」に近く、会務運営については「名誉会長の横倉さんに適宜アドバイスをもらい、『安全運転』に徹している」(日医幹部)という。

 定例記者会見での対応を見ても、松本氏の振る舞いは、中川氏と大きく異なる。

 例えば、新型コロナウイルス対策に関する質問が出た場合、持論やスタンスを積極的に発信した中川氏に対し、松本氏は、これを良しとしていない。

 一般紙などから「会長ご自身の意見は?」といった質問が頻繁に飛ぶが、松本氏は「申し訳ないが、私の個人的な意見は申し述べられない」と、遮っている。さらに「詳しい説明は、釜萢常任(理事)から」などと、担当にマイクを預ける。

 中川氏も同様の手法を取る場面があった。だが、質疑応答の場面では、中川氏への質問が繰り返され、中川氏はそれに応じていた。

 一方で、松本氏の場合には、松本氏よりも釜萢氏への質問が続く。そのこと自体が、会長発言で揚げ足を取られないためのリスクヘッジになっている。

 松本氏は、政権とは「普段からのコミュニケーションが大事」と協調路線を敷く。会務運営ではボトムアップ型を志向する。これは前執行部が「中川氏(と一部の日医総研幹部)が何でも決めている」と批判を浴びたことへの反省からだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 二重橋前_20200824

    鴨下・皆保険議連始動

  2. 日比谷公園_2021年3月23日

    新たな後発品目標

  3. 新東海橋_2021年6月7日

    骨太原案での「ゼロ回答」

  4. 上野恩賜公園の鑑真銅像_2023年3月30日

    「医政」の意味

  5. 鼻息の粗い財務省

    鼻息の粗い財務省

  6. 桜田門_2023年6月1日

    物価・賃金対応は「別枠で」

  7. 日比谷公園_2021年2月28日

    自民・創薬力PT

  8. 皇居前、和田倉噴水公園付近_2020年11月19日

    遠慮したのに炎上の「中川発言」

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP