調整幅+一定幅

国会前_2021年11月25日

 製薬業界が自民・公明の与党へのロビー活動で、薬価水準の維持を強く主張している。日本製薬工業協会と日本製薬団体連合会は11月25日、自民党の「予算・税制等に関する政策懇談会」に出席し、22年度薬価改定に向けて、新型コロナウイルス感染症による流通等の影響を考慮し「『調整幅+一定幅』の措置が必要」と訴えた。調整幅と一定幅、どちらも要求したのは、今回が初めてだ。【本根優】

 調整幅をめぐっては、製薬業界などが現行の2.0%維持を訴える一方、財務省が財政制度等審議会財政制度分科会で「廃止に向けたロードマップを示し、段階的縮小を実現すべき」と提言している。

 政府は21年度に薬価・中間年改定を実施する際、「新型コロナウイルス感染症による影響」とみなし、薬価削減幅を0.8%分緩和するコロナ特例として、調整幅に上乗せする「一定幅」を導入。18年9月の薬価調査で平均乖離率が7.2%だったことに着目し、20年9月の平均乖離率8.0%との差である0.8ポイント分を上乗せした経緯がある。

 11月5日の中央社会保険医療協議会・薬価専門部会では診療側の城守国斗委員(日本医師会常任理事)が、新型コロナへの対応、流通経費や在庫管理コストの増加などから「調整幅を引き下げたり、変動させたりするのは難しい」と主張。有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)も「変更すべきでない」と同調した。

 他方で、安藤伸樹委員(全国健康保険協会理事長)は「とくに物流コストといった薬剤流通に関するデータの提供が可能かを含めて検討を」と厚生労働省に求めた。松本真人委員(健康保険組合連合会理事)はバラツキについて「剤形・投与経路、新薬・後発品、薬価の水準ごとの分布はないのか。単純に平均(2.0%)という形より、もう少しデータを示してもらえれば具体的に検討しやすいし、調整幅そのものの必要性の理解も深まる」と指摘した。

 中医協での議論は平行線をたどっている。社会保障財源が深く絡む話だけに、最終的には12月中旬予定の、鈴木俊一財務相と後藤茂之厚労相の「大臣折衝までもつれる」(与党厚労関係議員)見通しだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 平川門_2021年7月20日

    自見氏再選

  2. 日比谷公園_2021年4月12日

    “助けられた” 日医・中川会長

  3. 伊達政宗終焉の地_日比谷公園_2021年10月5日

    落選した自民・厚労関係議員

  4. 和田倉噴水公園_2020年11月11日

    日医・中川会長への礼賛

  5. 後楽園のジェットコースター_2022年4月23日

    通常国会の焦点

  6. 横浜_2022年11月6日

    新薬創出等加算の「穴埋め」

  7. 両国国技館前_2022年10月1日

    かかりつけ医論争

  8. 歌舞伎座の夜_2022年5月1日

    「松本会長」と横倉前会長

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP