財務省の95年入省組

財務相前_2023年7月20日

 新型コロナウイルスの感染拡大などを受け、複雑化する国の医療関連予算を巡って、財務省の1995年(平成7年)入省同期にあたる2人のキーパーソンがいる。【本根 優】

 1人は大沢元一氏。菅義偉首相が官房長官だった時代から秘書官を務め、菅政権発足では、首相秘書官に引き上げられた。

 大沢氏は民主党政権だった2010年に財務省主計局主査として、診療報酬改定にも携わった経験を持つ。父は元衆院議員で、妻は東大医学部出身の後輩財務官僚だという。大沢氏周辺によると「学術会議問題などで首相に難題を突き付けられ、憔悴しきっている」。

 しかし、首相の威光を笠に着て、医療予算の査定に関与を強める可能性もある。

 もう1人は、開成高時代から秀才と呼ばれ、財務省内でも「10年に1人」と言われる逸材、一松旬氏。かつて奈良県副知事を務めた時代には「地域別診療報酬」の活用を企てたため、医療界では警戒されている人物だ。現在は医療・介護などの予算を担当する主計局主計官(厚生労働係第1担当)に就いている。ちなみに一松氏の兄・収氏は永寿総合病院(東京都台東区)の消化器内科医(部長職)。

 大沢氏と一松氏は出世を巡ってはライバル関係にある。この2人が共鳴し合うのか、反発し合うのか、それによっても医療予算の行方は変化することになる。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 伊達政宗終焉の地_日比谷公園_2021年10月5日

    落選した自民・厚労関係議員

  2. 2023年8月24日

    診療報酬本体「0.88%増」

  3. 日比谷公園_2021年3月23日

    「テリルジー」の価格が下がった理由

  4. 日比谷公園の噴水_2020年11月11日

    田村憲久君を応援する会

  5. 西幸門前L_2022年9月22日

    社保調査会長に後藤氏

  6. 厚労省前_2021年7月12日

    バイアグラの保険適用

  7. 日比谷公園_2023年5月10日

    日医常任理事追加の4人

  8. 歌舞伎座の夜_2022年5月1日

    「松本会長」と横倉前会長

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP