ポスト田村&加藤

皇居前の内堀通り_2020年10月14日

 高齢化は一般社会だけではなく、自民党厚生労働族でも顕著だ。長老格の議員が数多くおり、幅を利かせている一方で、中堅以下がなかなか充実してこない。【本根 優】

 長老格は伊吹文明氏を筆頭に、尾辻秀久氏、鈴木俊一氏、根本匠氏、衛藤晟一氏、鴨下一郎氏ら。

 それに続くキャリアを重ねている世代として、厚労相を2回以上経験している加藤勝信氏、田村憲久氏がいる。

 では、それに続くのは誰か。永田町関係者は、福岡資麿氏と後藤茂之氏の名を挙げ、「この2人が中軸だ」と指摘する。

 福岡氏は自民党が民主党から政権を奪取する直前の12年10月から13年9月に厚労部会長を経験。今回は、新型コロナ禍ということで、経験のある福岡氏が異例の再登板となった。

 自民党の「新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」(本部長=下村博文政調会長)でも事務局長を務める。

 後藤氏は元大蔵(現財務)官僚。税に明るく、自民党税制調査会のインナー(幹部会)メンバーを務めてきた。今回の菅政権発足で、政調会長代理に抜擢された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日本橋の麒麟像_2022年5月24日

    松本キャビネット

  2. 三宅坂_2021年5月10日

    新中医協委員に長島氏

  3. 皇居前、和田倉噴水公園付近_2020年11月19日

    遠慮したのに炎上の「中川発言」

  4. 東京駅前_2020年11月5日

    財務省の95年入省組

  5. 心字池_2021年6月29日

    中医協委員の交代

  6. 平川門_2021年7月20日

    自見氏再選

  7. 和田倉噴水公園_2020年11月11日

    日医・中川会長への礼賛

  8. 今井町の街並み

    診療報酬は「1点11円」に(奈良だけ!?)

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP