衝撃の首相秘書官人事

和気清麻呂像前_2020年10月21日

 菅義偉首相を支える首相秘書官は、「新型コロナウイルス対応の充実」を理由に増員が図られ、6人から最大の7人に増えた。【本根 優】

 政務は、菅事務所の新田章文氏が官房長官時代から引き続き務める。事務は、防衛省出身の増田和夫氏が安倍内閣から続投。経済産業省出身の門松貴氏ら4人は、官房長官秘書官からそのまま登用された。財務省出身の大沢元一氏は、かつて主計局で医療予算などを担当する主査を務めていた。

 増員は厚労省からで、菅氏が官房長官時代に秘書官を務めた経験のある鹿沼均氏を起用した。鹿沼氏は8月に大臣官房審議官(医療保険担当)に就いたばかりだったが、官邸に呼び戻された格好だ。

 事務の首相秘書官は各省庁の「審議官級」、官房長官秘書官は「課長級」を充てるのが通例だが、菅氏は気心の知れた面々をそのまま登用したことになる。

 霞が関には衝撃が走った。課長級の人間が政権中枢で急に“大出世”したことは、その後の各省幹部人事にも大きな影響を与えかねないからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日本銀行前の江戸桜通り_20200911

    菅氏とのパイプ

  2. 二重橋前_20200824

    鴨下・皆保険議連始動

  3. 霞が関ビル_20200207(答申日)

    幻となった「ブー次官」

  4. 桜島_2020年10月3日

    「下村議連」 新たな火種か

  5. 東京駅前_2020年11月5日

    財務省の95年入省組

  6. 2020年8月、皇居前にて

    お騒がせ自見氏の去就は!?

  7. 皇居前、和田倉噴水公園付近_2020年11月19日

    遠慮したのに炎上の「中川発言」

  8. 雲の上_2020年10月1日

    横倉前会長からの忠言

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第171回中医協・薬価専門部会(2020年12月2日)【議事録】

第171回中医協・薬価専門部会(2020年12月2日)【議事録】

第170回中医協・薬価専門部会(2020年11月25日)【議事録】

第170回中医協・薬価専門部会(2020年11月25日)【議事録】

第169回中医協・薬価専門部会(2020年11月18日)【議事録】

第169回中医協・薬価専門部会(2020年11月18日)【議事録】

第468回中医協総会(2020年11月11日)【議事録】

第468回中医協総会(2020年11月11日)【議事録】

第61回中医協・改定結果検証部会(2020年11月11日)【議事録】

第61回中医協・改定結果検証部会(2020年11月11日)【議事録】

第467回中医協総会(2020年10月28日)【議事録】

第467回中医協総会(2020年10月28日)【議事録】

第200回中医協・基本問題小委員会(2020年10月28日)【議事録】

第200回中医協・基本問題小委員会(2020年10月28日)【議事録】

最近の記事

  1. 東京駅前_2020年11月5日
  2. 皇居前、和田倉噴水公園付近_2020年11月19日
  3. 日比谷公園の噴水_2020年11月11日
  4. 大手門_2020年9月18日
  5. 2020年10月28日の中医協総会
  6. 2020年10月28日の中医協総会(オンライン開催)
  7. 日比谷公園の噴水_2020年10月25日
PAGE TOP