消えたフォーミュラリー、裏切りの協会けんぽ、腰抜けの薬剤師会


 「これまでの議論の整理」といえば、たいていの人は「これまで議論したことを整理したものでしょ」と考えるかもしれない。今年4月の診療報酬改定に向けて、厚生労働省保険局医療課は1月10日(金)、「これまでの議論の整理(案)」を中医協総会に示したが、それはもう、とても残念な内容であった。(新井裕充)

 「議論の整理(案)」には、これまでさんざん議論してきた処方のルール化(フォーミュラリー)に関する記載がなかった。

 時の政権に寄り添う日本医師会が猛反対しているので、やむを得ないのかもしれないが、ならばいっそのこと、「日本医師会様にご承認いただいた事項」というタイトルにすべきではなかろうか。
.
番長_20200110中医協総会

■ 詐欺に等しいパブリックコメント

.
 このタイトルで国民からの意見募集(パブリックコメント)を実施するのは詐欺に等しいのだが、どうせ今回も「意見を出してくるのは歯科関連だらけですよ」ぐらいに思っているのだろう。

 厚労省は続く15日(水)の総会で、ほぼ原案どおりの「議論の整理(案)」を再提示。「文言の修正のご意見はなかった」という理屈でまとめてしまった。

 これを受け厚労省は同日、パブリックコメントを開始。次期改定について中医協で審議した内容として、この「議論の整理」を公表している。
.
20200110中医協総会

■ 裏切りの協会けんぽ、腰抜けの薬剤師会

.
 「議論の整理(案)」を示した10日の議論のうち、フォーミュラリーに関する発言は以下のPDF(抜粋)の107ページ以降をご覧いただきたい。

【抜粋P100から閉会まで】第444回中医協総会(2020年1月10日)【議事録】

 あらすじを言うと、フォーミュラリーの導入を求める保険者の代表が文句を付けたが、別の保険者代表は沈黙の裏切り。薬剤師会の委員は相変わらずの腰抜けで、ジャイアンとスネ夫に逆らえないのび太のようである。

 なお、冒頭の写真の左側は、日本医師会に寄り添う吉森俊和委員(全国健康保険協会理事)、右側は日医委員から「少数派」と揶揄された幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)である。

2020年1月10日の中医協総会【議事録全文】 .
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2019年10月30日の中医協総会

    かかりつけ医の定額制に向け、議論スタート ── 10月30日の中医協総会

  2. 分割調剤について ── 2019年12月11日の中医協総会

    分割調剤について ── 2019年12月11日の中医協総会

  3. 第451回中医協総会(2020年2月7日)

    令和2(2020)年度診療報酬改定を答申、「重要な改定」と小島政務官

  4. 「札が打たれた病院を評価」と厚労省課長 ── 12月6日の中医協総会で

  5. 地域包括ケア病棟、“いたちごっこ”は今後も続く

  6. 厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20191213中医協総会

    処方のルール化で、製薬会社が来なくなる ── フォーミュラリーに日本医師会がまた反発

  7. 厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20190710中医協総会

    電子カルテの標準規格、「かなりのものは作られている」 厚労省の森光課長

  8. 20190710中医協総会

    地域医療構想、「診療報酬で誘導するのは無理がある」 日本医師会の城守氏

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP