医師会の激しい抵抗

築地大橋_2022年4月27日

 「都道府県にそんなこと(認定や取り消し)ができるわけがない」「かかりつけ医は、患者が選ぶものだ」。政府が今通常国会に提出する予定の法案に含まれる「かかりつけ医機能」について、全国の医師会から反発の声が上がった。【本根優】

 厚生労働省は、全世代型社会保障制度の構築に向けた「健康保険法等改正案」(全世代社会保障法案)に盛り込む「かかりつけ医機能報告の創設」について、1月末に日本医師会と事前の調整を行った。

 すでに全国の医師会からは与党議員らを通じて、政府法案の中身に関する懸念の声が出ており、日医の松本吉郎会長ら幹部は、厚労省が示した法案の一部の文言に対して、強い抵抗感を示した。

 かかりつけ医機能が発揮される制度整備に向けては、すでにある「医療機能情報提供制度」による国民・患者への情報提供の充実・強化を24年4月に開始し、医療機関からの機能報告と患者に対する説明を25年4月からスタートさせる青写真を描いている。

 厚労省は当初、かかりつけ医機能を「都道府県知事が確認し、要件に該当しなくなったときは、確認を取り消さなければならない」と規定する方針だった。

 かかりつけ医機能の要件に該当するか、都道府県が確認し、該当しなくなったときはその確認を「取り消す」ことを想定していたわけだ。だが、こうした事実上の認定制度に対して日医が反発を強め、態度を硬化させたことから、最終的に、都道府県に取り消す権限を与える文言は削除された。

 新たな文言は「都道府県知事が機能を確認し、協議の場に報告するとともに、公表する」というもの。「取り消し」を伴わない内容に変更されたことになる。

 ただ、法案審査を行った2月3日の自民党厚生労働部会では、田畑裕明部会長に「一任」という形に至らず、6日に再審査を行うことになった。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 六義園前_2022年10月10日

    日医の常任理事増

  2. 日比谷公園「自由の女神像」とバラ園_2021年6月29日

    新薬創出加算の“逆転現象”

  3. 隅田川で最も下流に位置する築地大橋_2022年4月27日

    日医・松原副会長の“謀反”

  4. 六義園_2022年10月10日

    かかりつけ医の制度整備?

  5. 憲政記念館前_2023年9月29日(医療保険部会へ)

    厚労部会長に古賀氏

  6. 「著しく」の基準は_20220510

    「著しく」の基準は?

  7. 国会前_2021年3月26日

    “あぶない”医師候補たち

  8. 霞が関ビルから_2020年2月7日答申日

    ドンキの「ジェネリック」

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP