大臣合意って!?

コロナ禍の東京駅前_2020年12月17日

 ある中央社会保険医療協議会の委員がこぼす。
 「こちらで議論していた内容とは全然違う対応内容が突然、大臣合意の形で決まってしまう」。23年度の薬価・中間年改定もそうだった。【本根優】

 前述の中医協委員は「医療課長は三大臣合意に伴って、変則的な中医協開催になったと説明したが、中医協が“追認機関”のようになっている。決まった内容について意見をどうぞと言われても、注文をつけるのが精いっぱい」と指摘する。

 薬価の中間年改定をめぐっては、今回が3度目の大臣合意となる。

 16年12月の「四大臣合意」に基づく薬価制度の抜本改革基本方針で、対象を「価格乖離の大きな品目」に限定した。

 そして20年12月には三大臣合意事項である「毎年改定の実現」によって、21年度改定では、平均乖離率8.0%の0.625倍で線が引かれ、5.0%を超える品目が対象となった。その際、「新型コロナウイルス感染症特例」の一定幅0.8%が設けられ、削減幅が緩和された。

 今回の23年度改定に関する三大臣合意では「0.625倍超」の基準が踏襲され、平均乖離率7.0%に対し、4.375%を超える品目が対象となった。安定供給確保の観点から、不採算品再算定の特例適用、イノベーション評価のための新薬創出・適応外薬解消等促進加算の特例適用も決まった。

 通常の診療報酬改定が行われる年度であれば、年末に改定率が決まり、年始からはその確保財源に基づく配分の議論が行われるため、個別項目に関して中医協での意見が反映される余地は残る。

 一方で、薬価・中間年改定に関しては、大臣合意でルールを含めて、事細かに対応内容が決まってしまうため、中医協は骨子案として出された内容を確認したり、質問したりする程度のことしかできない。

 2年後の25年度中間年改定でも、大臣合意として「恣意的な内容」で決定が行われることだろう。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 増上寺前_2020年10月28日

    3年ぶりの賀詞交歓会

  2. 渋谷道玄坂下_2022年2月21日

    参院選「定年制」対応は?

  3. 「骨太」の6月

    「骨太」の6月

  4. 日比谷公園_2021年2月28日

    自民・創薬力PT

  5. 日比谷公園入口_2021年11月25日

    経済課が消える

  6. 日比谷公園_2021年4月12日

    “助けられた” 日医・中川会長

  7. アイル橋_2022年3月7日

    日医代議員会

  8. 築地大橋_2022年4月27日

    医師会の激しい抵抗

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP