参院選「定年制」対応は?

渋谷道玄坂下_2022年2月21日

 「党役員は1期1年、連続3期までとすることで権力の集中と惰性を防ぎたい」

 21年8月にこう表明して、当時の二階俊博幹事長に引導を渡した岸田文雄氏。しかし、岸田氏が首相となった今、こうした党改革の実効性に対して、若手議員から疑問符が付く事態が生じている。【本根優】

 自民党青年局(小倉将信局長)は2月21日、茂木敏充幹事長と面会し、衆院選(比例区)の内規で定める「73歳定年制」の堅持などを申し入れた。

 これとは別に、7月予定の参院選(比例区)の「70歳定年制」をめぐっては、特例扱いを受け、公認される議員が相次いでいる。国家公安委員長を務めた山谷えり子氏(71)や、青山繁晴氏(69)だけではない。

 日本理学療法士協会理事の小川克巳氏(70)、日本臨床衛生検査技師会会長の宮島喜文氏(70)、そして元厚生労働副大臣の木村義雄氏(73)という、厚労関係の面々も特例対象で公認されている。

 内規で「任期満了日に原則として70歳未満」と定めている中、7月25日の任期満了日に、前出の5人は70歳オーバーとなる。

 ただ、内規では「支持団体が余人をもってかえがたいと決定した場合などには公認を認める」とも規定。このことが、特例を増やす要因となっている。

 参院自民党幹部は特例対象が拡大する現状に対して、問題意識を示していない。

 「人生100年時代、1億総活躍が叫ばれる時代に、杓子定規に(定年制を)当てはめる必要があるのか」といったことが理由だ。

 しかし、若手議員からは、「岸田さんが掲げた党改革では、若手を積極的に登用するとなっていたはずだが、選挙で定年制が形骸化すれば、その芽も摘まれてしまう」などと、懸念の声が上がっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「著しく」の基準は_20220510

    「著しく」の基準は?

  2. 日比谷公園_2020年11月11日

    献金減で“抗議”

  3. 人事院前_2021年8月6日

    経済課長のお仕事

  4. 2023年8月24日

    診療報酬本体「0.88%増」

  5. 深夜の日本看護協会_2022年3月31日

    地域包括ケアシステムの主役の座

  6. 築地大橋_2022年4月27日

    医師会の激しい抵抗

  7. 「睡眠科」はできるか?

    「睡眠科」はできるか?

  8. 国会前_2021年11月25日

    調整幅+一定幅

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP