2024年度診療報酬・介護報酬同時改定の医療課長は?

厚労省前_2021年3月23日

 医療・介護提供体制を整備する2025年度改革シナリオの総仕上げになるのが2024年度診療報酬・介護報酬同時改定である。【堤実篤】

 6年に1度の同時改定を仕切るキーマンは厚生労働省保険局医療課長で、振り返ると省内で「エース」と評価される職員が就任した。12年度同時改定は鈴木康裕氏(元医務技監、現国際医療福祉大学副学長)、18年度同時改定は迫井正深氏(現内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長)が、それぞれ医療課長として担当した。

 2人とも医療課長に就任する前に、老健局老人保健課長として、介護報酬改定を取り仕切った経験を持つ。

 24年度同時改定時の医療課長は誰か。本命は老人保健課長として21年度介護報酬改定を担当した眞鍋馨氏だった。ところが眞鍋氏は今年3月、課内メンバーなど23名で銀座の居酒屋で宴会を挙行したことが、写真付きで報道された。しかも宴会に起因するクラスターが省内に発生し、眞鍋氏は大臣官房付に更迭された。本命が消えたのである。

 24年度同時改定は改革シナリオを踏襲するだけではない。コロナ対応という厄介事が加わり、改革シナリオの踏襲とコロナ対応を両立させるという“平衡”を保たなければならない。

 中央社会保険医療協議会でも、支払側委員の幸野庄司氏(健康保険組合連合会理事)はしばしば「地域医療構想の枠組みの中で考えるべきだ」と原則論を主張したが、そのつど、診療側委員の城守国斗氏(日本医師会常任理事)は「コロナ対応で医療現場は逼迫している」と柔軟性を求めて反論した。

 同時改定を担う医療課長は来年7月の定例人事で任命されるが、その前月には日本医師会会長選挙が実施される。現会長の中川俊男氏が再任されるのか、それとも反中川派が勢いを増して新たな会長が誕生するのか。医療界にとって2つの注目人事が同じ時期に実施される。

 一方、政界では、伊吹文明氏、塩崎恭久氏、鴨下一郎氏と有力な自民党厚労族議員がこぞって引退し、田村憲久厚労相が厚労族のドンに君臨する流れができた。しかし厚労省が分割されれば厚労族も2分され、それぞれにドンが登場するのだろう。

 昭和の時代から医療ムラはパワーゲームが大好きである。
.

■ 中医協の速記録(非公式)をご希望の方は、こちらのページをご覧ください。

速記録のページへ .

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 平川門_2021年7月20日

    自見氏再選

  2. 財務省前_2021年3月23日

    消費税基金

  3. 上野恩賜公園の鑑真銅像_2023年3月30日

    「医政」の意味

  4. 隅田川大橋から_2022年10月22日

    拈華微笑

  5. 日比谷公園_2021年3月23日

    日本式費用対効果

  6. 厚労省近くのいつもの交差点_2021年8月6日

    費用対効果評価の見直し

  7. 財務省前_2021年3月23日

    中医協を通さない制度設計の流れ

  8. 暗雲

    ゾコーバへの懸念

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP