マツ「純」

国会前_2021年1月27日

 マツジュンと言えば、20年いっぱいで活動を休止したアイドルグループ「嵐」の松本潤というのが、世間の常識だ。ところが、完全に瞬間風速ながら、1月下旬の数日だけは“政界のマツジュン”こと、自民党衆院議員の松本純が、本家のマツジュンを超えるほど、お茶の間の耳目を集めた。【本根優】

 松本氏は、横浜市議を経て96年に神奈川1区から衆院に出馬し、初当選。過去に製薬会社にも勤務したことのある薬剤師議員として知られる。

 麻生太郎財務相の最側近で、麻生政権だった08年には当選3回で官房副長官に抜擢された。16年に初入閣を果たし、国家公安委員長を務めている。

 その松本氏は今回、緊急事態宣言下にもかかわらず、イタリアンレストランでの飲酒を伴うディナーに続き、深夜まで銀座のクラブをハシゴしていたことが発覚。本人は「陳情を受けていた」などと釈明したが、ボスの麻生氏は「甚だ不適切」と、松本氏に猛省を促した。

 今回の騒動で、知名度は、閣僚在任時以上に上昇し、皮肉な形で全国区となった。「麻生氏の最側近」とよく形容されるものの、実態は腰巾着でしかない。

 自民・厚労族の中でも重鎮と呼ばれていいほど、キャリアは長いが「国会対策畑の先生で、必ずしも政策通とは言えない」(元厚労省幹部)。また、「閣僚も経験したし、現在の国対委員長代理以上の出世は望めない」(自民党関係者)という。

 「若見え」するルックスながら、松本氏は70歳。世間の風当たりの強さを感じつつ、それでも応援しないといけない立場の薬剤師会の関係者は「これが衆院選の直前でなくてよかった」と安堵する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 深夜の厚労省前_2022年6月24日

    厚労省人事のツボ

  2. 日比谷公園_2021年10月8日

    「田村インナー」

  3. 日比谷公園_2021年3月23日

    日本式費用対効果

  4. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

  5. 日比谷公園_2021年10月8日

    リフィルが火種に

  6. 新東海橋_2021年6月7日

    骨太原案での「ゼロ回答」

  7. 八幡平IC_2021年12月31日

    日医・中川会長の続投は?

  8. 日比谷公園_2021年2月28日

    吉田学事務次官

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP