2020(令和2)年度改定の「短冊」に関する質疑(その2)


 令和2(2020)年度改定の「個別改定項目」(いわゆる短冊)について2回目の審議となった1月31日の中医協総会では、「機能強化加算の見直し」(P64)をめぐる舌戦に約40分間を費やした。以前は、診療側委員が「〇点とありますが、これは引上げでしょうかね?」などと笑いを誘う場面もあったのだが。(新井裕充)

 厚生労働省は1月29日(水)の中医協総会で短冊の議論をスタートさせた。29日は、Ⅰ~Ⅳのうち、ⅠとⅢについて審議。看護必要度の基準などを公益裁定で決着させて閉会した。

 続く31日(金)は、ⅡとⅣについて審議した。短冊の内容は29日と同じ。厚労省の担当者が約1時間にわたってⅡとⅣの項目を説明したあと、約10分間の休憩をはさんで質疑に入った。

 説明の内容が気になると思うが、資料どおりである。各項目のタイトルと「具体的な内容」の部分をはしょりながら説明したが、大量なので1時間かかったという感じ。

 質疑の前半は、もう何度もやっている「機能強化加算」に関する議論。これが延々と続いてしまって、本当にまいってしまった。せっかく「個別」の改定項目が出たのに、もったいない。「もう、その話はいいから」と思った人も少なくないだろう。

 ということで、グダグダに付き合いたくない人は、以下のPDFの174ページからご覧いただきたい。

 ちなみに、2月5日(水)は短冊3回目となっているが、資料は同じで議論はなし。超音波検査の所見の記録について31日の会合で専門委員から指摘があったので、これに答えただけで終わった。
.
【抜粋P159以降】第449回中医協総会(2020年1月31日)【議事録】_ページ_159

2020年1月31日の中医協総会【議事録】 .
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 今村聡委員(日本医師会副会長)_20190828_中医協総会

    遺伝子治療薬の事前報道、「インサイダー取引になりかねない」と日本医師会

  2. 初のライブ配信となった4月24日(金)の中医協総会

    厚労省、中医協総会を YouTube でライブ配信

  3. 厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20190710中医協総会

    電子カルテの標準規格、「かなりのものは作られている」 厚労省の森光課長

  4. 医療用保湿剤の発言ゼロ、短冊3回目の議論もなし

  5. 桜田門_2020年11月19日

    小児・転院支援策を「持ち回り」で決定した中医協総会後の記者ブリーフィング

  6. 4大卸の談合700億、「大きいものではない」と厚労省課長 ── 11月29日の中医協総会で

  7. 診療側委員_20190925中医協総会

    「医療従事者の働き方」「地域の実情を踏まえた対応」で論点 ── 9月25日の中医協総会

  8. 支払側委員_20190918中医協総会

    次期改定に向け、「個別事項(その1)」で議論〔①リハビリ〕 ── 9月18日の中医協総会

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP