4大卸の談合700億、「大きいものではない」と厚労省課長 ── 11月29日の中医協総会で


 4大卸の談合問題について厚生労働省の課長は11月29日の中医協総会で、「700億という規模は全体の薬価の費用から見ると、それほど大きいものではない」と述べた。この発言に対し、会議の委員から「その感覚が私には分からない」「全体から見て影響がないということではない」などと不満の声が上がった。(新井裕充)

 厚労省はこの日の総会で、地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟などについて論点を示し、一通りの議論を終えた。閉会間際になって、支払側委員から「中医協の場で何もコメントがないのはおかしい」との発言があった。

 厚労省の担当者が「対応策を今、考えている」と明言を避けたところ、別の支払側委員が薬価への影響を指摘。「4大卸が57病院に卸していた医薬品が談合によって行われ、700億ぐらいがこの57病院に卸しているようだが、700億が談合によって左右されていたとなると、実勢価に与える影響がかなり大きい」と今後の具体的な対応を迫った。

 そこで、厚労省の担当者は「薬価調査への影響というところについては、現在、報道されている取引先の規模、700億といったような規模については、全体の薬価の費用から見ると、それほど大きいものではない」と述べた。

 議論の模様は、下記のPDFを参照。

11月29日(金)の中医協総会【議事録】 .
.
★(抜粋)第437回中医協総会(2019年11月29日金)【議事録】_ページ_139

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 支払側委員_20190918中医協総会

    次期改定に向け、「個別事項(その1)」で議論〔②医薬品〕 ── 9月18日の中医協総会

  2. 2019年10月30日の中医協総会

    かかりつけ医の定額制に向け、議論スタート ── 10月30日の中医協総会

  3. 20190626中医協総会

    フォーミュラリー、ポリファーマシーの議論が沸騰中

  4. 日本医師会_20191009中医協総会

    第425回中央社会保険医療協議会総会(2019年10月9日)【議事録】

  5. 20200408中医協総会

    緊急事態宣言の翌日、Zoomを用いて中医協を開催 ── 厚労省保険局医療課

  6. 20200129_中医協総会

    2020(令和2)年度改定の「短冊」に関する質疑(その1)

  7. 支払側委員_20191213中医協総会

    「歯科衛生士さんの代替えとして、歯科医師ですね」── 歯科の要件緩和に疑問の声

  8. 2023年6月14日の中医協総会

    2023年6月14日の中医協総会(働き方改革)

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第584回中医協総会(2024年2月14日)【速記録】

第584回中医協総会(2024年2月14日)【速記録】

第222回中医協・基本問題小委員会(2024年1月26日)【速記録】

第222回中医協・基本問題小委員会(2024年1月26日)【速記録】

第222回中医協・薬価専門部会(2024年1月17日)【速記録】

第222回中医協・薬価専門部会(2024年1月17日)【速記録】
PAGE TOP