PICK UP

認知症の70代での発症時期、「把握ができておりません」と厚労省担当者

認知症の70代での発症時期、「把握ができておりません」と厚労省担当者

 認知症の施策について政府が6月18日に発表した大綱には「70歳代での発症を10年間で1歳遅らせる」との目標が書き込まれたが、70歳代での発症時期は把握していないらしい。20日の会議で厚労省の担当者は「認知症の発症時期を特定して、それを大規模な住民コホートの中で把握していくというのはなかなか難しい面があり、現在どうなっているのかという数字はない」と述べた。【新井裕充】

 厚労省は20日、社会保障審議会(社保審)の介護保険部会(部会長=遠藤久夫・国立社会保障・人口問題研究所所長)を開き、「認知症施策の総合的な推進」を主な議題に挙げた。

 会議で厚労省の担当者は、18日に決定した「認知症施策推進大綱」の概要を説明した上で、「介護保険制度において、認知症施策推進大綱を推進するための方策についてどのように考えるか」と意見を求めた。

「引き続き、考えていきたい」と厚労省担当者

 大綱では、冒頭で「『共生』と『予防』を車の両輪として施策を推進していく」と宣言。「予防」については、「70歳代での発症を10年間で1歳遅らせることを目指す」との目標を掲げている。

 質疑で、有識者の委員は「あくまでも先送りするだけという場合が多くあり、認知症もそのとおり」とコメント。発症を遅らせることを重視する考え方を評価した上で、「認知症の発症が70歳代ではいったい今、いくつなのか」と尋ねた。

 厚労省の担当者は「70歳代での発症時期という形では、直接的には把握ができていない」と答えた上で、「今把握可能な指標でどのように変化が見られるかを引き続き、有識者の先生方などの意見を伺いながら考えていきたい」と述べるにとどまった。

質疑の模様は、次ページを参照 .

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 介護サービス基盤整備、認知症施策に関する発言全文 ── 9月13日の介護保険部会

  2. 厚労省老健局高齢者支援課・武井佐代里課長_20190620_介護保険部会

    「ぐるぐる連携」を強力に後押し、「高齢者住まいでの看取りを推進」と厚労省担当者

  3. 認知症対応、「専門職の役割を重視すべき」と危機感 支援チームに疑問の声も_20190620_介護保険部会

    認知症対応、「専門職の役割を重視すべき」と危機感 支援チームに疑問の声も

  4. 2019年9月13日の介護保険部会1(ベルサール九段)

    「第8期介護保険事業(支援)計画における取組の方向性」を示す ── 厚労省、介護保険部会で

第440回中医協総会(2019年12月11日)【議事録】

第440回中医協総会(2019年12月11日)【議事録】

第439回中医協総会(2019年12月6日)【議事録】

第439回中医協総会(2019年12月6日)【議事録】

第161回中医協・薬価専門部会(2019年12月6日)【議事録】

第161回中医協・薬価専門部会(2019年12月6日)【議事録】

第438回中医協総会(2019年12月4日)【議事録】

第438回中医協総会(2019年12月4日)【議事録】

第437回中医協総会(2019年11月29日金)【議事録】

第437回中医協総会(2019年11月29日金)【議事録】

第106回中医協・材料専門部会(2019年11月29日金)【議事録】

第106回中医協・保険医療材料専門部会(2019年11月29日金)【議事録】

第436回中医協総会(2019年11月27日水)【議事録】

第436回中医協総会(2019年11月27日水)【議事録】

最近の記事

  1. 分割調剤について ── 2019年12月11日の中医協総会
  2. 厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20191127中医協総会
  3. 吉川久美子委員(日本看護協会常任理事)_20191120中医協総会
PAGE TOP