第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】


2024年5月15日の総会

 総会のみの開催です。新薬の収載と関連事項のほか、定例モノが中心。答申書附帯意見の項目について「主な検討の場」が示されました。 【新井裕充】

 久しぶりの開催です。前回(4月24日)は持ち回り開催でしたので、会議形式では4月10日以来、約1カ月ぶりです。
 

 1.総  会(10:30~11:23)

 予定より早く、1時間ほどで閉会。審議事項は全て承認されました。委員の発言があったのは、議題①と⑦です。

【議 題】
 ① 医薬品の新規薬価収載について
 ② 最適使用推進ガイドラインについて(報告)
 ③ 最適使用推進ガイドラインについて
 ④ 費用対効果評価の結果を踏まえた薬価の見直しについて
 ⑤ DPCにおける高額な新規の医薬品等への対応について
 ⑥ 在宅自己注射について
 ⑦ 答申書附帯意見に関する事項の検討の進め方について

 議題①と②は一括審議。新薬収載に関連する項目が多いです。(資料が分散しているので迷子になりそう)

【今回の内容】
 ① 新薬(18成分22品目)の収載と費用対効果評価の対象品目、イミフィンジの用法用量変化再算定、ユルトミリスHI点滴静注の市場拡大再算定、令和6年度薬価制度改革で評価したイノベーション関連、新薬算定における係数、新医薬品の承認時期、類似薬選定のための薬剤分類(改訂第14版)等について
 ② ミチーガ皮下注用のGL改訂に伴う留意事項の改正について
 ③ キイトルーダの簡略版GL、併用薬の規定の見直し
 ④ ソーティクツの費用対効果評価結果に基づく価格調整について
 ⑤ 令和8年度改定までの間、出来高算定する新薬等について
 ⑥ ベドリズマブ、ミリキズマブの追加(案)について
 ⑦ 附帯意見28項目の「主な検討の場」について

 議題①の中で、薬価収載の機会を現行の年4回から7回に増やす方針が伝えられました。質疑で支払側委員は、これにあわせて薬価見直しの機会も増やすべきと主張。厚労省の担当者は「今後の検討課題」と述べるにとどまりました。

 ■ 新薬収載等の質疑(PDF:1MB)

:;:*:;:**:;:*:;:*:;:**:;:*:;:*:;:**:;:*:;:**:;:*:;:*:;:**:;:

 議題⑦では、賃上げの検証について意見がありました。救急医など急性期病院の若手医師に「確実に行き届いたのか」という点に注目しているようです。

 ■ 附帯意見事項に関する質疑(PDF:2.5MB)

 オンライン参加での発言。Zoomの背景が動いていましたが、まさか新幹線に乗車中とは思いませんでした。
.

 

下記のファイルは、2024年5月15日(水)に開催され、YouTube でライブ配信された第589回中央社会保険医療協議会(中医協)総会の速記録(非公式)です。弊社が独自に作成したものですので、厚生労働省の公式議事録とは異なることにご注意ください。

 ※ 定期購読の会員様は、パスワードを入力してダウンロードしてください。

● 定期購読者には、独自に作成した速記録(非公式)をお送りしています。
● 定期購読(有料)などの案内をご希望の方は、資料請求のページをご覧ください。

資料請求のページへ .

保護中: 第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】_ページ_001 のコピー

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】_ページ_002 のコピー

サイズ: 16 MB
議事録のページ総合
総会議事録のページ
薬価専門部会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP