第218回中医協・薬価専門部会(2023年11月29日)【速記録】


2023年11月29日の薬価専門部会

 論点整理(案)が出ました。

 1.材料部会(8:30~9:36)
 2.薬価部会(9:41~10:20)
 3.基本小委(10:23~10:33)
 4.総  会(10:43~12:42)

 資料のタイトルは「令和6年度薬価改定について ⑬」となっています。大詰めを迎えました。

スケジュール

 冒頭の「基本的考え方」は、「社会保障審議会医療保険部会で示した」としています。

考え方

 9月29日の医療保険部会では、「報告事項」として骨太方針2023の抜粋が示されました。長期収載品の一部を患者負担にすることで財源の見通しをつけて、10月18日に「新薬」について方向性を示したという流れになります。

9月29日の医療保険部会での提示は突然でした。同部会は診療報酬改定の基本方針がメインでしたので、薬事系の業界記者さんはノーマークだったようです。「薬剤自己負担」の文字は議題に出ていません。「録音ある?」と複数から頼まれたことを思い出します。

 制度改革の方向性は、「イノベーション推進と安定供給確保に向けたビジネスモデルの転換」としています。資料の構成は、1.イノベーションの適切な評価 2.安定供給の確保のための対応 3.その他の課題──の三本柱です。

005_論点整理(案)

 厚労省担当者の説明は次のとおり。

 ⇒ ■ 安川薬剤管理官の説明(PDF:7MB)

 質疑は、いつものように診療側から支払側、最後に専門委員です。藤原尚也専門委員(中外製薬参与・渉外調査担当)は委員就任後、初となる発言。「グローバルに対して日本は適切にイノベーションを評価するという強いメッセージを発信する」と期待を込めました。

 ⇒ ■ 専門委員の発言(PDF:1MB)

下記のファイルは、2023年11月29日(水)に都内で開催され、YouTubeでライブ配信された第218回中央社会保険医療協議会(中医協)薬価専門部会の速記録(非公式)です。弊社が独自に作成したものですので、厚生労働省の公式議事録とは異なることにご注意ください。

 ※ 定期購読の会員様は、パスワードを入力してダウンロードしてください。

● 定期購読者には、独自に作成した速記録(非公式)をお送りしています。
● 定期購読(有料)などの案内をご希望の方は、資料請求のページをご覧ください。

資料請求のページへ .

保護中: 第218回中医協・薬価専門部会(2023年11月29日)【速記録】

第218回中医協・薬価専門部会(2023年11月29日)【速記録】_ページ_01 のコピー

第218回中医協・薬価専門部会(2023年11月29日)【速記録】_ページ_03 のコピー

サイズ: 10 MB
議事録のページ総合
総会議事録のページ
薬価専門部会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第584回中医協総会(2024年2月14日)【速記録】

第584回中医協総会(2024年2月14日)【速記録】

第222回中医協・基本問題小委員会(2024年1月26日)【速記録】

第222回中医協・基本問題小委員会(2024年1月26日)【速記録】

第222回中医協・薬価専門部会(2024年1月17日)【速記録】

第222回中医協・薬価専門部会(2024年1月17日)【速記録】
PAGE TOP