松原氏、最後の訴え

松原氏、最後の訴え

 6月22日の日本医師会会長選挙を前に、劣勢が伝えられる前副会長の松原謙二氏(大阪)が、投票権のある日医代議員380人と予備代議員にハガキで、最後の訴えを行った。 【本根優】

 松原氏は今回の選挙について「一人一人の国民を大切にする医療を守るための重要な選挙」と位置付けた。「財務省は財政至上主義、厚生労働省は医療管理のために今回の(24年度)診療報酬改定を行ったが、一人一人の患者さんに合わせた医療を守れるのは医師会だけ」と強調した。

 さらに松原氏は「今回の改定は一部に過度な負担をかけ、病院、診療所、各診療科を分断する偏った改定」と指摘。その上で「医療現場を理解した、偏りのない改定が必要。あきらめず戦う日医に作り変えないといけない」と訴えた。

 そして「各地区の自民党の議員の方に、医療現場は怒っていることを伝えるため、今回の選挙で、なるべく多くの代議員の先生方のお力添えを必要とする」と持論を展開した。

 選挙は、現職で2期目を目指す松本吉郎氏(埼玉)と松原謙二氏(大阪)の一騎打ちという構図。22年も両者の対決で、票数は松本氏の310票に対し、松原氏は64票にとどまった。今回は全国8ブロックすべてが松本氏を推しており、圧倒的優位に立つ。

 対する松原氏は、ハガキ以外にも、自身の主張を文書で発信して支持を得ようと試みてきた。松原氏は今回、公約に「国民皆保険制度を守る」「特定疾患療養管理料の対象疾患を元に戻す」「リフィル処方箋廃止」「薬剤不足解消」「かかりつけ医の制度化に断固反対」の5つを掲げた。

 このうち「特定疾患療養管理料」を重視。24年度改定では、同管理料の対象疾患から「糖尿病、高血圧、脂質異常症」の3疾患が除外されたが、松原氏は「次期日医会長に戦う意志があれば、必ず戻すことができる」とアピールする。

 加えて松原氏は、同管理料は「出来高制度の要。算定できなくなると、簡単に完全包括制に移行させられていく。次々と包括化され、最終的には(財務省の)家庭医構想に基づく『包括制かかりつけ医登録制度』になってしまう」と懸念を示す。

 松本陣営の幹部は、同管理料で「減収ダメージが大きいと予想される、内科系診療所の票が一定程度は流れるかもしれない」と不安視する。
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日比谷公園_2021年3月23日

    「テリルジー」の価格が下がった理由

  2. 桜田門_2021年6月25日

    ある中医協委員の胸中

  3. 通常国会

    通常国会

  4. 泥仕合

    泥仕合

  5. コロナ禍の日比谷公園_2020‎年‎11‎月‎11‎日

    「効率化▲0.25%」の波紋

  6. 日医会長選の動向

    日医会長選の動向

  7. 日比谷公園_2023年9月27日(中医協の帰り)

    レカネマブの薬価論議

  8. 岩手県久慈市_2022年1月2日

    今回も「薬価」が犠牲に

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第591回中医協総会(2024年7月3日)【速記録】

第591回中医協総会(2024年7月3日)【速記録】

第223回中医協・基本問題小委員会(2024年7月3日)【速記録】

第223回中医協・基本問題小委員会(2024年7月3日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】
PAGE TOP