松本氏を「持ち上げる会」

松本氏を「持ち上げる会」

 日本医師会の会長選挙(6月22日)に再選出馬する松本吉郎氏(現会長=埼玉)の陣営は6月2日、東京都内で選挙対策本部事務所開きを開いた。会長、副会長、常任理事のうち、選挙戦が行われるのは会長のみだが、組織的な票が期待できる松本氏に、すでに「当確」が出ているような状況。挨拶に立った都道府県医師会幹部らは、松本氏に対して、賞賛と期待のコメントを残した。【本根優】

 会長選には、松本氏のほか、前日医副会長の松原謙二氏(大阪)が出馬しており、一騎打ちとなる。2年前の22年会長選でも同じ構図だった。その際は松本氏が310票を獲得して初当選を果たし、松原氏は64票にとどまった。

 松本陣営事務所開きで、東京都医師会の尾﨑治夫会長は「これまでの守りの姿勢から攻めの姿勢の日医に変えてもらいたい。2期目こそ松本さんの真価が問われる」と述べた。

 愛知県医師会の柵木充明会長は、全国の医師会員数がこの2年間に伸びていることに言及。「本当に医師会の力が上がったのかはこれから一致団結できるか次第。満票(380票)を目指して頑張ろう」と乾杯の音頭を取った。

 静岡県医師会の加陽直実副会長は中部ブロックを代表し「いまこそ我われは財務省という強敵と戦える。医師会の3層構造の指揮系統をしっかり締め直して戦うために、総司令官になれるのは松本さんしかいない」と期待感を示した。

 「攻める医師会」「戦う医師会」といった声が相次いだことも踏まえた上で、松本氏は「日医として攻めるところは攻める。しっかりと守るところは守るということを一体となってやりたい」と決意表明した。

 一方の松原氏は、地元・大阪府医師会の支援すら受けられない厳しい状況。そんな中で「国民皆保険制度を守る」「特定疾患療養管理料の対象疾患を元に戻す」「リフィル処方箋を廃止する」「薬剤不足を解消する」「かかりつけ医の制度化に反対」の5つを公約に掲げている。
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 東京駅八重洲口_2023年10月11日

    大幅なプラス改定

  2. 日比谷公園_2021年10月8日

    診療報酬も対象!?

  3. 霞が関1丁目_2023年5月10日

    大幅引き上げ

  4. 暗雲

    ゾコーバへの懸念

  5. 築地大橋_2022年9月16日

    中医協委員に茂松氏

  6. 箱崎町船着場_2022年10月4日

    後藤氏の台頭

  7. 厚労省前_2022年5月20日

    60・90日ルールの“宿題”

  8. 「確認」が行政行為か

    松本会長の得点か失点か!?

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP