かかりつけ医の制度整備?

六義園_2022年10月10日

 「制度整備ってなんだ!? どこまで具体的になるのかさっぱりわからない」
 日本医師会の幹部でさえ、そうこぼす。何かと言えば、かかりつけ医についてだ。政府は6月、「骨太の方針2022」に「かかりつけ医機能が発揮される制度整備を行う」と記載し、閣議決定している。だが、年末の予算編成まで2ヵ月となった現段階でもその中身が具体化していない。【本根優】

 財務省主計局の関係者は、今後、後期高齢者が急増することに警戒感を抱く。

 「骨太(の方針)に沿って、年内に具体的な議論を進めて、来年の通常国会で法改正というスピード感が必要だ」と指摘する。

 しかし、政府内でも「全世代型社会保障構築会議」が主導するのか、それとも厚生労働省の「社会保障審議会医療部会」が内容を固めるのか、先行きは不透明なままだ。

 日医では、松本吉郎会長の号令の下、医療政策会議内にワーキンググループ(WG)ができた。

 WG座長は、中央社会保険医療協議会の委員も務めた茨城県医師会長の鈴木邦彦氏。鈴木氏は日本医療法人協会副会長でもあり、病院団体との連携も考慮して起用された。

 WGの議論を伝え聞いた東京都医の関係者が不安を口にする。

 「7月から3回の議論で、第1次報告をまとめたが、かかりつけ医に関して国民への周知を進めることや、地域で『面』としてかかりつけ機能を発揮することを打ち出した程度。財務省が考える仕組みに歯止めを掛けるような内容は議論されていない」

 全国の医師会が懸念するのは、財務省が視野に入れる、かかりつけ医の登録制や、外来包括払いを進める方策などだ。

 医療政策的な位置付け以外にも、研修制度やそのカリキュラムをどうするかなど、課題は山積している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 平川門_2021年7月20日

    自見氏再選

  2. 日本銀行前の江戸桜通り_20200911

    菅氏とのパイプ

  3. 日本橋三越前_2022年6月27日

    檄文の違い

  4. 横浜_2022年11月6日

    新薬創出等加算の「穴埋め」

  5. 日比谷公園のはにわ_2021年3月20日

    政争の具「こども庁」

  6. 皇居前東京停車場線_2022年6月30日

    日医・松本執行部

  7. 深夜の厚労省前_2022年6月24日

    厚労省人事のツボ

  8. 桜田門_2023年6月1日

    物価・賃金対応は「別枠で」

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP