バイアグラの保険適用

厚労省前_2021年7月12日

 一般の人にも名前が知られた薬としては、かなり上位に来るであろう「バイアグラ」。もっとも、それが流通しているのは自由診療の世界だった。だが、4月からの不妊治療の保険適用に伴ってバイアグラなども、公的医療保険で使えることになった。【本根優】

 2月2日の中央社会保険医療協議会総会はバイアグラなどの医薬品6成分16品目の薬価収載を了承した。

 ヴィアトリス製薬のバイアグラ(一般名=シルデナフィル)と日本新薬の「シアリス」(タダラフィル)はPDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬。両剤の適応は勃起不全だが、保険適用の対象は「勃起不全による男性不妊のみ」となる。

 PDE5阻害薬は、肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症に伴う排尿障害などに使われるものもある。

 松本真人委員(健康保険組合連合会理事)は、自由診療のケースと、保険適用のケースが混在することになることを踏まえ「適切な保険給付を担保する観点から、レセプトへの記載の工夫を」と求めた。さらに「後発品があるものはしかるべきタイミングで収載してほしい」とも要望した。

 バイアグラやシアリスに関しては、複数社が後発品の承認を取得している。早ければ6月の後発品収載のタイミングから使えるようになる見通しだ。

 ただ、PDE5阻害薬の中で、バイエル薬品の「レビトラ」(バルデナフィル)は、今回の収載品目に入っていない。これは、21年10月に販売中止がアナウンスされ、さらに企業から薬価収載希望が出されなかったためだ。

 もっとも、レビトラの後発品についても複数企業が承認を得ており、それらが収載希望を出せば、バイアグラやシアリスの後発品と同様に、早ければ6月に収載される可能性がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 国会前_2021年11月25日

    調整幅+一定幅

  2. 日本橋の麒麟像_2022年5月24日

    松本キャビネット

  3. オブリーンから約10年

    オブリーンから約10年

  4. 日比谷公園_2021年2月28日

    吉田学事務次官

  5. 地域別診療報酬「再び」

    地域別診療報酬「再び」

  6. 財務省前_2021年3月23日

    消費税基金

  7. 霞が関ビルから_2020年2月7日答申日

    ドンキの「ジェネリック」

  8. 憲政記念館前_2023年9月29日(医療保険部会へ)

    厚労部会長に古賀氏

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP