通常国会の焦点

後楽園のジェットコースター_2022年4月23日

 岸田文雄首相が1月17日の自民党役員会で、23日から始まる通常国会に向けて、こんな話をした。「防衛力の抜本的強化や原子力を含むグリーントランスフォーメーションの実現、子ども政策など、山積する課題に対応するための予算案や法案が目白押しだ」。さらに「政府・与党でつくりあげてきた政策を野党とも正面から議論し、実行に移していく」。一方で、厚生労働省提出法案は計6本ある。【本根優】

 なかでも、優先度が高いのが「全世代社会保障制度の構築に向けた健康保険法等改正案(全世代型社会保障法案)」だ。「かかりつけ医機能発揮の制度整備」「出産育児一時金の費用を後期高齢者も負担する仕組み」「医療費適正化計画の実行性確保」などを盛り込み、2040年を見据え、文字通り全世代型を目指す。

 ただ、野党が追及に動くとみられるのは、もっぱら世界平和統一家庭連合(旧統一教会)をめぐる問題、政府が検討する教団の解散命令請求の行方や不当寄付勧誘防止法(救済新法)の見直しだ。

 加えて、昨年末に閣議決定された国家安全保障戦略など「安保3文書」と、防衛費増額の財源として岸田首相が打ち出した「増税」の是非が大きなタマとして、論戦の材料となり得る。

 全世代型法案は、そうしたものに比べれば、目立たない存在で、争点化する可能性は低い。

 野党の厚労関係ベテラン議員は「高齢者に負担を求める内容が含まれるため、対決法案にもなり得るが、現役世代の負担軽減自体はこちらも求めてきただけに、真っ向からの批判はしづらい」とこぼす。

 厚労省は全世代型社会保障法案を予算関連法案に位置付け、2月上旬の提出を目指しているが、幹部の1人は「法案の内容そのものより、統一教会問題や防衛増税など、他の重要課題をめぐる論戦の影響を受けるかもしれない」と、序盤から荒れた国会にならないかに気を揉む。
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 三宅坂_2021年5月10日

    新中医協委員に長島氏

  2. 三宅坂_2020年3月25日

    三原じゅん子副大臣

  3. 国会前_2023年9月29日(医療保険部会へ)

    新体制での自民・厚労部会

  4. 三宅坂_2023年8月24日(医療保険部会の帰り)

    厚労省の組織改編

  5. 中央大橋_2022年4月2日

    薬価の「民間提言」相次ぐ

  6. 二重橋前_20200824

    鴨下・皆保険議連始動

  7. 表参道シャネル付近(フリー写真)

    日看協が下した玉虫色の五輪協力

  8. 深夜の厚労省前_2022年6月24日

    厚労省人事のツボ

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第590回中医協総会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第70回中医協・改定結果検証部会(2024年6月12日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】

第589回中医協総会(2024年5月15日)【速記録】
PAGE TOP