中医協委員の交代

心字池_2021年6月29日

 中央社会保険医療協議会の雰囲気がこの秋から様変わりすることになる。発言の量や存在感で、最近の中医協を代表する2人の委員が去ることになるからだ。【本根優】

 ひとりは診療側の松本吉郎氏(日本医師会常任理事)。今村聡氏(日医副会長)と同じ17年7月に就任。その際に、中川俊男氏(日医副会長=当時)、松原謙二氏(日医副会長)の残存任期(17年10月まで)を今村氏と松本氏が引き継いだため、その3ヵ月余りが1期目とカウントされる。

 よって、松本氏は21年10月で最大の3期を終えることになるという。

 そうした交代を見据えて、7月7日の中医協総会でコロナ対応や外来の「第1ラウンド」が始まったタイミングで、日医の“主戦闘士”が松本氏から城守国斗氏(日医常任理事)へと交代した。

 今後は城守氏、松本氏、そして新任の長島公之氏(日医常任理事)の3人体制となるが、ほどなく、城守氏、長島氏、さらにX氏の体制に移行する。

 そのX氏は誰になるのか。日医の現副会長3人(今村氏、松原氏、猪口雄二氏)はすでに中医協委員を経験済み。常任理事の中で、有力なのは「中川会長の信頼が厚い橋本省氏、それでなければ薬事などに強い宮川政昭氏だろう」(日医関係者)との見立てがある。

 もうひとり、中医協を去るキーパーソンが幸野庄司氏(健康保険組合連合会理事)だ。15年11月から白川修二氏(健保連副会長・専務理事=当時)の後を受けて、委員に就任し、3期6年の任期を終える。

 幸野氏の後任には、現在、社会保障審議会医療保険部会の委員などを務める佐野雅宏氏(健保連副会長・専務理事)の名が挙がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 自民党前_2021年6月25日2

    自民総裁選

  2. 日比谷公園_2021年3月23日

    「テリルジー」の価格が下がった理由

  3. 和田倉公園前_2021年1月10日

    日医会長はいつ接種!?

  4. 日比谷公園_2021年10月8日

    「選挙に弱い」大臣

  5. 日比谷公園_2022年8月2日

    幻となった「上川厚労相」

  6. 日比谷公園_2021年3月23日

    日本式費用対効果

  7. 国会前_2021年11月25日

    調整幅+一定幅

  8. 黒船橋_2022年3月28日

    自見氏は大丈夫か!?

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第528回中医協総会(2022年9月14日)【速記録】

第528回中医協総会(2022年9月14日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP