菅暫定総裁

国会前_2021年3月26日

 新型コロナウイルス対応で、光明を見出せず、菅義偉政権が窮地に陥っている。4月25日に行われた衆参3選挙で自民党は全敗。二階俊博幹事長の求心力低下も著しい。そんな中、永田町では「菅降ろし」を狙うかのような怪文書が飛び交う。【本根優】

 「ファイザーとワクチンの追加供給に合意したのに、それも国民に全く響いていない」(官邸スタッフ)

 菅首相は4月19日、訪米中に米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラCEOと電話会談したことを踏まえて、「(国内の全対象者分が)9月までに供給されるメドが立った」と胸を張った。

 だが、イスラエルや英米など、ワクチン接種で、市民生活が正常化に向かう国々が数多く出始めていることもあり、日本のワクチン接種の遅れが一層際立つ展開となっている。
怪文書の表題は「菅義偉自民党暫定総裁について」というもの。

 「菅暫定総裁は、9月の自民党総裁任期満了まで党則第80条1項による総裁選挙を実施して、正々堂々と再選を果たして党則第80条第1項及び第4項に規定される正式な総裁となった上で、国民に信を問うことを期待します」

 そんな記述で、菅総裁が「暫定」であることを殊更強調している。

 ポスト安倍レースを制した菅氏だが、「選挙の顔」としては疑問符が付く。一方で、岸田文雄前政調会長は参院広島選挙区で議席を失い“戦犯”状態。石破茂元幹事長は派閥が事実上崩壊しており、支持の広がりは望めない。

 ポスト菅には河野太郎規制改革担当相などの名が挙がるが、党内では、それよりも安倍晋三氏の再々登板を望む勢力の方が結束が強い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 平河町__2017年1月18日

    コロナ禍での会食「内規」

  2. 日比谷公園_2021年3月23日

    新たな後発品目標

  3. 霞門_2020年10月25日

    バイク便は「不可」

  4. 皇居前の内堀通り_2020年10月14日

    ポスト田村&加藤

  5. 桜田門外_2021年1月13日

    河野ワクチン担当相

  6. 和気清麻呂像前_2020年10月21日

    衝撃の首相秘書官人事

  7. 桜島_2020年10月3日

    「下村議連」 新たな火種か

  8. 日比谷公園_2021年3月23日

    日本式費用対効果

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第484回中医協総会(2021年7月21日)【議事録】

第484回中医協総会(2021年7月21日)【議事録】

第54回中医協・費用対効果部会(2021年7月21日)【議事録】

第54回中医協・費用対効果部会(2021年7月21日)【議事録】

第483回中医協総会(2021年7月14日)【議事録】

第483回中医協総会(2021年7月14日)【議事録】

第63回中医協・改定結果検証部会(2021年7月14日)【議事録】

第63回中医協・改定結果検証部会(2021年7月14日)【議事録】

令和3年度第4回中医協・入院分科会(2021年7月8日)【議事録】

令和3年度第4回中医協・入院分科会(2021年7月8日)【議事録】

第482回中医協総会(2021年7月7日)【議事録】

第482回中医協総会(2021年7月7日)【議事録】

令和3年度第3回中医協・入院分科会(2021年6月30日)【議事録】

令和3年度第3回中医協・入院分科会(2021年6月30日)【議事録】

最近の記事

  1. 一色海岸_2021年7月25日
  2. 旧近衛師団司令部庁舎_2021年7月6日
  3. 心字池_2021年6月29日
  4. 表参道シャネル付近(フリー写真)
  5. 上野公園_2021年6月29日
  6. 自民党前_2021年6月25日
  7. 桜田門_2021年6月25日
PAGE TOP