ワクチンの運び屋

日比谷_2020年9月8日

 自他ともに認める「令和の壊し屋」である河野太郎ワクチン担当相。国家プロジェクトの成否を握る立場となり、「令和の運び屋と言われるように頑張る」と表明した。【本根優】

 全国の各自治体で、新型コロナウイルスワクチン接種に向けた準備が行われるなか、注目されるようになったのが、「練馬区モデル」だ。これは、集団接種ではなく、診療所でのかかりつけ医による「個別接種」を中心に行う体制を指す。

 高齢者向けのインフルエンザワクチンと同じ要領で診療所に直接申し込みができ、混乱が少ないことや、車や電車・バスでの移動もなく、かかりつけ医が接種するため安心と、そのメリットをアピールしている。

 では、実際にワクチンを運ぶのは誰か? もちろん河野氏ではない。メーカーなどから委託を受けた業者だ。厚生労働省はワクチン流通を担う地域担当卸を選定。市町村ごとに医薬品卸売業者を1社ずつ選んだ。

 これでスムーズに行くかと言えば、そうではなく、問題が山積する。まず、ファイザーのワクチンに関しては、ファイザーが独自の流通網を築き、医薬品卸とは別の運送会社に託して配送する計画。しかし、自治体や医療機関からは、地域卸に末端の診療所まで配送するよう求める声が上がる。

 大分県や京都市なども練馬区モデルを採用することを表明。このように集団接種から個別接種に軸足が移れば、より一層きめ細かく配送する役割が発生する。医薬品卸業界は困惑しきりで、「何とかして」と厚労省に泣きついた。

 河野氏に期待される役割は、壊し屋でも運び屋でもなく、絡み合った糸の「解(ほど)き屋」なのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 霞門_2021年3月20日

    送別会ショック

  2. 皇居前・突入防止の置き石_2021年4月12日

    高市氏の善戦

  3. 二重橋前_20200824

    鴨下・皆保険議連始動

  4. 隅田川で最も下流に位置する築地大橋_2022年4月27日

    日医・松原副会長の“謀反”

  5. 東京駅前_2020年12月17日

    「中川報道」余波

  6. 佃大橋_2022年4月10日

    「医歯看薬」のメンツ争い

  7. 日比谷公園の古代スカンジナビア碑銘譯2_2021年3月23日

    消費税問題

  8. 日比谷公園_2021年10月8日

    「選挙に弱い」大臣

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP