毎年と中間年の意味

和田倉門_2020年12月22日

 12月17日、加藤勝信官房長官、麻生太郎財務相、田村憲久厚生労働相の3大臣で「毎年薬価改定の実現」について合意した。薬価と市場実勢価格の「乖離率5.0%超」を基準に、改定品目を定めることが決まった。【本根優】

 21年度の薬価改定をめぐっては、その実施の是非や改定品目の対象範囲が大きな議論になった。診療側や製薬業界などは「平均乖離率の2倍(16.0%)以上」に対象を絞ることを主張したが、落としどころと予想された平均乖離率の1倍(8.0%)以上」をも下回る「5.0%超」で決着した。

 財務当局の「圧勝」で、製薬業界には落胆が広がる。

 医療費影響額は全品改定の場合は▲4900億円だが、今回の基準でも▲4315億円となり、影響額の面は「ほぼ全品改定」と言える。

 厚生労働省は通常の2年に1回とは違う位置付けを意識して「中間年改定」という用語を好むが、財務省は全く異なる。あくまで「毎年改定」だと言い張る。

 その違いは何か。財務省主計局関係者が語る。

 「奇数年度でも偶数年度でも毎年同じ改定をするという意味だ」

 21年度は新型コロナウイルス感染症の経営影響を考慮し、調整幅2%のほかに、「コロナ特例」で0.8%を上乗せし、緩和を図った。

 このため、次の23年度の中間年改定の方法や適用するルールは今後議論されることになるが、その際にも、今回の改定が「下敷き」となることは疑いがない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 桜田門外_2021年1月13日

    河野ワクチン担当相

  2. 国会前_2020年9月18日

    あの話は?

  3. お台場海浜公園_2021年1月1日

    新薬の薬価収載「時期」

  4. 桜島_2020年10月3日

    「下村議連」 新たな火種か

  5. 増上寺_2020年8月31日

    都医・尾﨑会長に「困惑」する日医

  6. 厚労省前_2020年10月25日

    その後の2人

  7. 大手門_2020年9月18日

    メタボ目標への批判

  8. 霞が関ビル_20200207(答申日)

    幻となった「ブー次官」

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第472回中医協総会(2021年1月13日)【議事録】

第472回中医協総会(2021年1月13日)【議事録】

第51回中医協・調査実施小委員会(2021年1月13日)【議事録】

第51回中医協・調査実施小委員会(2021年1月13日)【議事録】

第176回中医協・薬価専門部会(2021年1月13日)【議事録】

第176回中医協・薬価専門部会(2021年1月13日)【議事録】

第471回中医協総会(2020年12月23日)【議事録】

第471回中医協総会(2020年12月23日)【議事録】

第470回中医協総会(2020年12月18日)【議事録】

第470回中医協総会(2020年12月18日)【議事録】

第175回中医協・薬価専門部会(2020年12月18日)【議事録】

第175回中医協・薬価専門部会(2020年12月18日)【議事録】

第174回中医協・薬価専門部会(2020年12月14日)【議事録】

第174回中医協・薬価専門部会(2020年12月14日)【議事録】

最近の記事

  1. 桜田門外_2021年1月13日
  2. 2021年1月13日の調査実施小委員会(オンライン開催)
  3. 国会前_2020年9月18日
  4. 2020年末_江戸桜通り
  5. お台場海浜公園_2021年1月1日
  6. 和田倉門_2020年12月22日
PAGE TOP