診療報酬は「1点11円」に(奈良だけ!?)

今井町の街並み

 「まったくもって支離滅裂な提案だ。コロナに悪乗りしている」。奈良県の医師会関係者が憤慨する。新型コロナウイルスの感染拡大で、医療機関の減収に歯止めが掛からない。そんな医療機関を支援しようと、奈良県の荒井正吾知事が「地域別診療報酬」の活用をぶち上げた。【本根 優】

 08年施行の「高齢者医療確保法」に位置付けられた特例的な仕組みを、コロナ禍に活用しようというプランだ。荒井知事は7月19日の全国知事会で意見表明しつつ、加藤勝信厚生労働相にも「8月中に意見具申する」と伝達済みだ。

 全国一律で1点10円の診療報酬を「1点11円」にしようというのだから、実現すれば、診療報酬改定など行わなくても、奈良県内の医療機関だけは一気に10%の増収となる。

 しかし、実現には幾多のハードルがある。県医師会などもメンバーに入っている「保険者協議会」の議論を踏まえる必要があり、かつ地域別診療報酬は「厚労相」の発案で稼働するスキームだ。患者負担が増えるという懸念材料もある。

 ところで、なぜ診療報酬アップに地元医師会が反対なのか。恐れているのは「コロナ禍では『引き上げ』でも、平時の医療費適正化では『引き下げ』とされてしまう」ことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 国会前_2021年3月26日

    菅暫定総裁

  2. 日比谷公園_2021年4月12日

    “助けられた” 日医・中川会長

  3. 日比谷公園のはにわ_2021年3月20日

    政争の具「こども庁」

  4. 東京駅_2020年12月7日

    2期目に向けたテコ入れ!?

  5. 和田倉噴水公園_2020年11月11日

    日医・中川会長への礼賛

  6. 平川門_2021年7月20日

    自見氏再選

  7. 和田倉公園前_2021年1月10日

    日医会長はいつ接種!?

  8. 皇居前東京停車場線_2022年6月30日

    日医・松本執行部

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第526回中医協総会(2022年8月3日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第212回中医協・基本問題小委員会(2022年7月27日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】

第187回中医協・薬価専門部会(2022年7月20日)【速記録】
PAGE TOP