日医・新副会長の猪口委員が退任あいさつ ── 2020年7月22日の中医協総会で

猪口雄二委員_20200722中医協総会

 今年6月に日本医師会(日医)の副会長に就任した全日本病院協会会長の猪口雄二氏(寿康会病院理事長)は7月22日の中医協総会で、「日本病院団体協議会からの推挙ということで中医協の委員を務めていたので、今回はこの委員を辞任したい」と述べた。(新井裕充)

 猪口氏は、後任として池端幸彦氏(日本慢性期医療協会副会長、福井県医師会会長)が内定していることを伝えた上で、「より良い診療報酬体系をつくれないかを常に考えてきた」と振り返り、「少しお役に立てたのではないか」とあいさつした。

 猪口氏は「さらなる少子高齢化やコロナ感染症の問題で、診療報酬はますます難しい局面に向かうのではないか」と懸念した上で、医療の質を向上させるためICTをさらに活用する必要性を指摘。「ロボティクスなども導入すれば、この診療報酬体系をより効率的に動かせるのではないか」と期待を込めた。

 会議終了後のブリーフィングでは、記者から「猪口先生はまだ辞任されておらず、今日は委員として参加されたということでよろしいか」との質問があった。

 厚労省の担当者は「辞任の意向を示されたが、まだ任期は残っている状態。本日は、最初にごあいさつされたあと自発的にご欠席されたので、会議に参加していなかった」と答えた。

 猪口氏の退任あいさつは以下のとおり。

〇小塩隆士会長(一橋大学経済研究所教授)
 ただいまより「第463回中央社会保険医療協議会 総会」を開催いたします。

 なお、本日もコロナウイルス感染症対策の観点からオンラインによる開催としております。また、今回も会議の公開については前回に引き続き、試行的に YouTube によるライブ配信で行うこととしております。

 まず、委員の出席状況についてご報告いたします。本日は、染谷委員(静岡県島田市長)、岩田専門委員(千葉県東庄町長)がご欠席です。

 また、猪口委員が退任のご意向を表明されておりますので、一言ごあいさつをお願いいたします。
.
〇猪口雄二委員(全日本病院協会会長)
 はい、猪口です。よろしくお願いいたします。私は5年間、診療報酬改定、3回、中医協委員として参加させていただきました。

 このたび、日本医師会の副会長に就任させていただきました。もともと、日本病院団体協議会からの推挙ということで中医協の委員を務めておりましたので、今回はこの委員を辞任したいと考えております。

 日本病院団体協議会からは、私の後任として池端先生、日本慢性期医療協会ですが、推挙されましたので、よろしくお願いいたします。

 私は中医協の委員として、日本の医療、特にこの皆保険制度を持続させる、そのもとで、より良い診療報酬体系をつくれないか、ということを常に考えてまいりました。

 5年間でしたけれども、少しお役に立てたらと、立てたのではないかと考えております。

 しかし、今般のさらなる少子高齢化の問題、そして今、まさにまだ持続しているコロナ感染症の問題、この中でですね、この診療報酬、ますます難しい局面に向かうのではないかということで、これからも注意深く推移を見つめていきたいというふうに思っております。

 私は特に、この医療の質を向上させる、それと同時に効率性を追い求める。特に AIとかICT、そういうものを積極的に導入することによって、また、ロボティクスなどもですね、導入することによって、この診療報酬体系をより効率的に動かせるのではないかということを常々、訴えてきておりました。

 今後、そのような形で診療報酬体系がより良いものになっていくことを祈念しております。5年間、本当に皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。
.
〇小塩隆士会長(一橋大学経済研究所教授)
 猪口委員、どうもありがとうございました。

 (中略)

〇奥山晃正氏(保険局医療課課長補佐)
 ただいまより、中央社会保険医療協議会のブリーフィングを始めたいと思います。

 (中略)

 週刊社会保障の高木さんからです。

 「その他の話ですが、猪口先生は、まだ辞任されておらず、今日は委員として参加されたということでよろしいでしょうか」

 というご質問です。

 おっしゃるとおり、猪口先生、まだ現時点では任期、残っておりまして、まだその手続き上の、これから、まあ、私たちの内部での処理とかがございますので、現時点では辞任されては……。

 まあ、ご本人は辞任の意向を示されましたが、まだ任期としては残っている状態です。

 ただ、本日は、最初にごあいさつされたあと、自発的にご欠席されたということでございます。

 ので、会議に参加しておりませんでした。

 (以下略)

● 登録読者には、独自に作成した中医協の議事録(非公式)をお送りしています。
● ご登録方法など、詳しい案内をご希望の方は、資料請求のページをご覧ください。

資料請求のページへ .

保護中: 2020年7月22日(水)の中医協・記者ブリーフィング【議事録】

★表紙_中医協記者ブリーフィング(2020年7月22日)【議事録】_ページ_01

サイズ: 2 MB
.

資料請求のページへ .

保護中: 第168回中医協・薬価専門部会(2020年7月22日)【議事録】

★表紙_第168回中医協・薬価専門部会(2020年7月22日)【議事録】_ページ_01

サイズ: 2 MB
資料請求のページへ .

保護中: 第463回中医協総会(2020年7月22日)【議事録】

★表紙_第463回中医協総会(2020年7月22日)【議事録】_ページ_01

サイズ: 11 MB
資料請求のページへ .

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2019年10月30日の中医協総会

    かかりつけ医の定額制に向け、議論スタート ── 10月30日の中医協総会

  2. 幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)_2019年6月26日の中医協総会

    「支払側の意見を軽視することがあれば重大な問題」 健保連理事の幸野氏が激しく抗議

  3. 4大卸の談合700億、「大きいものではない」と厚労省課長 ── 11月29日の中医協総会で

  4. 20190626中医協総会

    フォーミュラリー、ポリファーマシーの議論が沸騰中

  5. 厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20190717中医協総会

    介護医療院への移行、「鈍い」と不満の声に「順調」と医療課長

  6. 20200914_中医協ブリーフィング2

    中等症Ⅱ以上の受け入れ、救急医療管理加算の5倍相当(4,750点)

  7. 第451回中医協総会(2020年2月7日)

    令和2(2020)年度診療報酬改定を答申、「重要な改定」と小島政務官

  8. 2020年10月28日の中医協総会

    費用対効果は「非常に重い、重要なテーマ」

  9. 地域包括ケア病棟、“いたちごっこ”は今後も続く

第512回中医協総会(2022年1月21日)【速記録】

第512回中医協総会(2022年1月21日)【速記録】

第208回中医協・基本問題小委員会(2022年1月19日)【速記録】

第208回中医協・基本問題小委員会(2022年1月19日)【速記録】

第186回中医協・薬価専門部会(2022年1月19日)【速記録】

第186回中医協・薬価専門部会(2022年1月19日)【速記録】

第118回中医協・材料専門部会(2022年1月19日)【速記録】

第118回中医協・材料専門部会(2022年1月19日)【速記録】

第64回中医協・改定結果検証部会(2021年12月1日)【議事録】

第64回中医協・改定結果検証部会(2021年12月1日)【議事録】

令和3年度第9回中医協・入院分科会(2021年10月21日)【速記録】

令和3年度第9回中医協・入院分科会(2021年10月21日)【速記録】
議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第60回中医協・費用対効果部会(2022年1月19日)【速記録】

第60回中医協・費用対効果部会(2022年1月19日)【速記録】

第21回中医協・消費税分科会(2021年8月4日)【議事録】

第21回中医協・消費税分科会(2021年8月4日)【議事録】

令和3年度第5回中医協・入院分科会(2021年8月6日)【議事録】

令和3年度第5回中医協・入院分科会(2021年8月6日)【議事録】

第486回中医協総会(2021年8月25日)【速記録】

第486回中医協総会(2021年8月25日)【速記録】

第21回中医協・消費税分科会(2021年8月4日)【議事録】

第21回中医協・消費税分科会(2021年8月4日)【議事録】

第180回中医協・薬価専門部会(2021年8月4日)【議事録】

第180回中医協・薬価専門部会(2021年8月4日)【議事録】

第111回中医協・材料専門部会(2021年8月4日)【議事録】

第111回中医協・材料専門部会(2021年8月4日)【議事録】
PAGE TOP