令和2(2020)年度診療報酬改定を答申、「重要な改定」と小島政務官

第451回中医協総会(2020年2月7日)

 厚生労働相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)は2月7日の総会で、令和2(2020)年度診療報酬改定の答申案をまとめ、田辺国昭会長(東大大学院教授)が小島敏文政務官に答申書を手渡した。答申を受け、小島政務官は「重要な改定」との認識を示し、田辺会長は「地域医療構想に寄り添うとともに、より安定的な運用を可能とするもの」と評価した。(新井裕充)

 会合では、厚労省保険局医療課の森光敬子課長が答申書の内容を説明。「個別改定項目」(いわゆる短冊)については、「答申書には含まれないが、前回までの議論を踏まえ、公益裁定で決定した重症度、医療・看護必要度の割合や具体的な点数などを追加し、誤字等の修正を行っている」と伝えた。
.
20200207_中医協総会

 これを受け、支払側を代表して幸野庄司委員(健康保険組合連合会理事)は「急性期一般入院料1の重症度、医療・看護必要度の該当患者割合の基準値が厳格化されたことは、さらなる医療機能の分化・強化・連携の推進に資する見直しの第一歩であったと評価したい」と述べた。

 続いて診療側を代表して松本吉郎委員(日本医師会常任理事)は「特定機能病院での回復期リハビリテーション病棟の扱いや、400床以上の大病院における地域包括ケア病棟などが鮮明なかたちで線が引かれ、大病院は急性期医療をしっかり対応していただくというメッセージが明確に打ち出された」との認識を示した。

 詳しくは、以下のPDFを参照。田辺会長の締めくくり発言は20ページ以降をご覧いただきたい。

【抜粋P10以降】第451回中医協総会(2020年2月7日)【議事録】
.
2020年2月7日の中医協総会【議事録】 .
.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 厚労省保険局医療課・森光敬子課長_20190710中医協総会

    電子カルテの標準規格、「かなりのものは作られている」 厚労省の森光課長

  2. 染谷絹代委員(静岡県島田市長)_2019年7月10日の中医協総会

    「往診していただけるお医者さまへの配慮を」 静岡県島田市長の染谷氏、中医協総会で

  3. 20190828_中医協総会

    市販類似薬の保険外し、「患者負担の引上げを検討している事実はない」と厚労省課長

  4. 支払側委員_20191213中医協総会

    「歯科衛生士さんの代替えとして、歯科医師ですね」── 歯科の要件緩和に疑問の声

  5. 20200914_中医協ブリーフィング2

    中等症Ⅱ以上の受け入れ、救急医療管理加算の5倍相当(4,750点)

  6. 間宮清委員(連合「患者本位の医療を確立する連絡会」委員)_20190626中医協総会

    改定の影響調査、「意見を言える期間が短すぎる」と不満の声も

  7. 猪口雄二委員(全日本病院協会会長)_20190717中医協総会

    理学療法士の多い訪問看護ステーションに集中砲火、「野放し状態」との声も

  8. 療養病棟の基準を厳格化し、強制的に介護医療院へ ── 11月22日の中医協総会

議事録のページ総合
総会議事録のページ
材料専門部会議事録のページ
■ 議事録のページ【小委・分科会】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第532回中医協総会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第191回中医協・薬価専門部会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】

第56回中医協・調査実施小委員会(2022年11月16日)【速記録】
PAGE TOP